グレインフリードッグフードのおすすめランキング!動物看護士資格持ちが選びました。

ドッグフードを見ているとパッケージにグレインフリーとよく書かれています。

このグレインフリーとはいったいなんなのでしょうか?

今回はグレインフリーとはなにか?グレインフリーのおすすめドッグフードを紹介していきます。

グレインフリーとは?

グレインとは日本語で穀物のことを指します。

グレインがフリーなのでグレインフリードッグフードとは穀物が入っていないドッグフードのことを指します。

なぜグレインフリーにするの?

なぜドッグフードを作ってる会社はグレインフリーにするの?という話なのですが、これはネットで穀物を犬は消化できないという間違った情報が広まってしまったせいだと考えています。

「グレインフリーじゃないからあのドッグフードはだめだ!」とならないように会社側も対応したのでしょう。

穀物は調理の仕方や種類によっては、素晴らしい栄養源となります。

しかし、全てが全て嘘というわけではありません。

犬は穀物の消化が得意ではない

ドッグフードに含まれている穀物はアルファ化されています。

アルファー化とは加熱することでのり状になってることです。

身近な話で言うと、炊き立てのお米がその状態です。人間だって米はアルファ化しないと消化がうまくできません。

アルファ化されている穀物なら犬でも消化ができるのです。

しかし、犬は肉食に近い雑食で穀物の消化が得意というわけではありません。穀物ばかりのドッグフードは消化器官に負担をかけてしまいます。

穀物は安い

もう一つの理由として穀物のほうが安価という理由が挙げられます。

私たちの生活においても米などの穀物よりもお肉のほうが高いです。

お肉をふんだんにつかったドッグフードを作ろうとするとどうしても高くなってしまうので、その分穀物でかさ増しをしてコストを削減するなどがあります。

ドッグフードの中には安さを追求するあまり、お肉が一切入っておらずほぼ穀物というドッグフードもありびっくりします。

食物アレルギーを避ける

犬の食物アレルギーの中でも小麦アレルギーは多いです。

グレインフリーにすることによって食物アレルギーによる症状を避けることができる可能性があります。

犬は雑食ではありますが、肉食に近いのでできればお肉がふんだんに使われているドッグフードを選びましょう。

グレインフリードッグフードにするといいことはあるの?

グレインフリーにすることでメリットはいくつかあります。

【グレインフリードッグフードを選ぶメリット】

  • 穀物ではなくお肉が多いので良質な動物性たんぱく質を得ることができる
  • 犬は肉食に近い雑食なのでそもそもお肉を与えるほうがよい
  • 犬はアルファー化されている穀物を消化できるが得意なわけではないので消化器官に優しい
  • 腸内環境を整えることによって涙やけの効果に期待ができる

これらの大きなメリットがいくつかあります。

次に今回の穀物不使用のドッグフードを選ぶにあたってのポイントを説明していきます。

グレインフリードッグフードの選び方

グレインフリードッグフードランキングを作成するにあたって注目した重要なポイントはこちらです。

主原料に肉や魚が使われている

穀物が主原料ではなく肉や魚がメインのドッグフードを選びます。お肉がふんだんに使われているドッグフードを選び良質な動物性たんぱく質を摂取しましょう。

パッケージの裏を見ると原材料が書かれています。原材料は多い順に書かれているので先頭に肉類がかかれていたらお肉が一番多く入っているよということです。

ただお肉が多いドッグフードを選ぶだけでなく、どこで生産されているものなのか?どこの部位を使っているのか?などをホームページから読み取り安全なドッグフードを選びましょう。

余分な添加物が入っていない

グレインフリードッグフードを選ぶときだけではなく、全てのドッグフードを選ぶときは余分な添加物が使用されていないか注目しましょう。

着色料や香料、合成添加物が入っているドッグフードは避け天然添加物が入っているようなドッグフードを選びます。

着色料は飼い主においしそうに見せるため、香料は犬のくいつきをよくするために使われます。

その2つを使わずとも、良い食材を使えば匂いを良いものとなりますし、着色料なんてそもそもいりません。

合成添加物が使用されているドッグフードも避けましょう。避けた方がいいドッグフード一覧はこちらです。

香料匂いをつけるための物
着色料赤色2号や黄色4号など○色○号といった着色料
酸化防止剤エトキシン・
、BHA(ブチルヒドロキシアニソール)、BHT(ブチルヒドロキシトルエン)
発色剤亜硝酸ナトリウム

穀物が入っていないドッグフード

グレインフリードッグフードランキングなので、穀物が完全に入っていないドッグフードを選びます。

グレインフリーおすすめドッグフードランキング

※50種類以上のドッグフードを全て実際に購入して調査しています。

1位モグワン

モグワンドッグフードのパッケージ
価格通常購入4,356円(税込み)
定期購入3,920円(税込み)

ドッグフードベストわん特別価格!今なら初回50%オフ2,178円(税込み)

内容量1.8kg
対応年齢全年齢対応
原産国イギリス
特徴高タンパク質/グレインフリー/着色料、香料、人工添加物不使用/ヒューマングレード/食いつき◎/目元キレイを維持
公式サイトhttps://starsea.jp/dogfood-best-one/link-moguwan

モグワンは私も愛用しているイギリス産のグレインフリードッグフードです。

着色料、香料、合成添加物も不使用で、愛犬に安心して与えられます。

欧州ペットフード工業会連合(FEDIAF)の厳しい基準を合格しており、なおかつ生産される工場はFEDIAFによるチェックが入るので安全性においてダントツです。

原材料は主にチキンとサーモンでつくられており、動物性たんぱく質も豊富で栄養満点です。

口コミも良く、人間の私が試しにモグワンを食べてみたのですが、噛んだ瞬間に口の中に匂いが広がりこれなら匂いによって嗜好性の変わる犬も食いつきがいいんだなと納得しました。

今ならドッグフードベストわん!からの購入で初回50%オフ!

2位アカナ

アカナドッグフードのパッケージ
価格1,210円(340g)(税込み)
5,500円(2㎏)(税込み)
13,200円(6㎏)(税込み)
※種類によって内容量価格が変わります。
内容量340g,2kg,6kg
対応年齢全年齢対応
※年齢によって種類を選ぶ必要あり
原産国カナダ
特徴高タンパク質/合成添加物不使用/着色料、香料不使用
公式サイトhttps://starsea.jp/dogfood-best-one/link-acana

アカナはあのオリジンと姉妹ブランドのグレインフリードッグフードです。

着色料、香料、合成添加物は使用しておらず愛犬のことを第一に生産されています。

アカナの肉使用率は最高75%もあり、数あるドッグフードの中でもトップクラスです。

安全性に関してもしっかりとしており、地元でとれた食材を使い自社キッチンで調理しています。

インターペット2021年のアカナブースで社員さんにお話を聞いたところ、アカナの工場に見学へ行った際ドッグフードの原材料で昼食を作ってもらうなど、原材料の新鮮さがうかがえました。

3位カナガン

カナガンドッグフードのパッケージ
価格定期購入3,920円(税込み)
通常購入4,356円(税込み)
内容量2kg
対応年齢全年齢対応
原産国イギリス
特徴穀物不使用/ヒューマングレード/高タンパク質/人工添加物不使用
公式サイトhttps://starsea.jp/dogfood-best-one/link-canagan

カナガンは原材料の51%がチキンとなっている高タンパク質なグレインフリードッグフードです。

人間が食べるような食材だけを使用し、なおかつ着色料、香料、合成添加物は入っていません。

カナガンは欧州ペットフード工業会連合(FEDIAF)の基準をクリアし栄養についても水とドッグフードだけで十分に栄養がとれます。

84.2%の獣医師が優れた栄養バランスであることに納得と回答しており、獣医師も納得のドッグフードです。

4位アランズナチュラル

アランズナチュラルドッグフードのパッケージ
価格通常購入4,356円(税込み)
定期購入3,920円(税込み)
内容量2kg
対応年齢全年齢
原産国イギリス
特徴グレインフリー/着色料、香料不使用/ラム肉/使用してる食材が少なくアレルギー対策におすすめ/添加物不使用
公式サイトhttps://starsea.jp/dogfood-best-one/link-aransnatural

アランズナチュラルはラム肉を贅沢に使用したイギリス産のドッグフードです。

もちろんグレインフリードッグフードであり、着色料、香料、合成添加物不使用です。

ラム肉が全体の40%も使われており動物性たんぱく質も豊富にとることができます。

また使われている食材がシンプルで少ない、ラム肉を使っているのでアレルギーが出やすい牛肉、鶏肉を使っていない、穀物や乳製品も使っていないことから、アレルギー対策としてもおすすめできるドッグフードです。

5位オリジン

オリジンドッグフードのパッケージ
価格1,265円(340g)(税込み)
5,280円(2kg)(税込み)
11,770円(5.9kg)(税込み)
19,800円(11.3kg)(税込み)
※オリジンオリジナルの場合
内容量340g,2kg,5.9kg,11.3kg
対応年齢全年齢対応
原産国アメリカ
特徴高タンパク質/ヒューマングレード/グレインフリー
公式サイトhttps://starsea.jp/dogfood-best-one/link-orijen

オリジンドッグフードはアカナドッグフードの姉妹ブランドです。

穀物不使用のグレインフリードッグフードで、着色料、香料、合成添加物も使用していません。

肉の使用率も高くタンパク質は38%と豊富に含まれております。

食べなかったら全額返金キャンペーンがあるなど買いやすくお勧めできるドッグフードです。

ただ粒が大きめなので小型犬はオリジンオリジナルではなく、オリジンスモールブリードを選ぶのがいいです。

迷ったらモグワンがおすすめ!

それでもなににしようと迷っているのであればモグワンドッグフードがおすすめです。

モグワンは実際に我が家で愛用しており、しばらく使い続けていますが、愛犬も満足してますし、飼い主としても満足している商品です。

モグワンにするメリット

  • 人間が食べるような食材を使用している(ヒューマングレード)
  • 穀物を使用しておらず消化器官に負担をかけない(グレインフリー)
  • 栄養価が高い
  • 子犬も食べやすい小粒タイプ
  • 動物性たんぱく質が豊富に含まれている。
  • 着色料、香料、合成添加物が入ってない。
  • 余分な物をつかっていないので涙やけ改善に期待ができる。
  • 愛犬の食いつきがよい。

他にも人間の私が実際にモグワンを食べてみて、味が無断に濃くないか?硬さは大丈夫か?という点も確かめましたが問題はありませんでした。

唯一欠点があるとしたら、ドッグフードの匂いが強いため、犬のうんちがいつもよりくさくなるかなとは感じました。

ですが、匂いは犬の食いつきに関係してますししょうがないかなとも思います。

それ以外は素晴らしく自信をもっておすすめできるドッグフードです。

今ならドッグフードベストわん!からの購入で初回50%オフ!

グルテンフリーとは?

グレインフリーという言葉の他にグルテンフリーという言葉を見かけたことはありませんか?

これは打ち間違えというわけではなく本当にグルテンフリーというものが存在します。

グレインフリーは穀物全般が使われていないことを指しますが、グルテンフリーは麦類が使われていないことを指します。

つまりグレインフリーという枠の中にグルテンフリーという物が入ります。グレインフリーと書かれていたらグルテンフリーでもあるのです。

小麦などでアレルギーになってしまう犬が多くグルテンフリーなどのドッグフードが生まれました。

まとめ

今回はグレインフリードッグフードとはなにか?おすすめはどれか?という点について解説しました。

グレインフリーという言葉だけに惑わされずに愛犬にあったドッグフードを見つけられることを願っています。

おすすめする安全のドッグフードはこれ!ランキング10選!動物看護士資格を持つ私が厳選比較!【2021年最新版】
おすすめする安全のドッグフードはこれ!ランキング10選!動物看護士資格を持つ私が厳選比較!【2021年最新版】
「ドッグフードの種類が多すぎてわからない」 「愛犬に合ったドッグフードの選び方が分からない」 「口コミや評判、ドッグフードランキングサイトが本当なのか信用できな.....

参考文献・参考サイト

ABOUT US

渡邊 星海hoshimi0505
この記事を書いた人保有資格:小動物看護士/ペット販売士/トリマーB級/ハンドラーC級/訓練士補/二級愛玩動物飼育管理士/第一種動物取扱業登録/動物取扱責任者JKC公認トリマー養成機関で2年犬に関する様々な知識や技術を学び、多数の資格をとる。トリミングサロンStar seaを経営しながらドッグフードベストわんっ!を運営。 詳しいライター情報はこちら