柴犬におすすめのドッグフードランキング!動物取扱責任者の私が選びました。

柴犬は飼い主への忠誠心の高さから、現在世界的に人気のある犬種です。最近では室内で飼う方も増え、SNSで見かけることも多くなりました。

しかし柴犬は様々な病気にかかりやすい犬種です。より元気で長生きしてもらうためには、柴犬に合ったフードを選択していくことが大切ですよね。

ここでは柴犬の特徴や性格などを考慮して、おすすめのドッグフードをご紹介します!

柴犬に合ったドッグフードの選び方

低脂肪・高タンパク質のドッグフードを選ぶ

市販で販売されているドッグフードには沢山の穀物が使用されていますが、柴犬に与えるドッグフードは高タンパク・低脂肪のものを選ぶようにして下さい。

柴犬は活発的な犬種ですが、最近では室内で飼育をしていることから運動不足になり肥満になりがちです。

高タンパク・低脂肪のドッグフードは脂肪を体内に蓄積させにくく肥満を防ぎます。

【柴犬には動物性タンパク質を選ぼう】

タンパク質には動物性タンパク質と植物性タンパク質の2種類がありますが、柴犬には動物性タンパク質を選びましょう。

  • 動物性タンパク質→肉類、魚介類、卵、乳製品
  • 植物性タンパク質→米、小麦、大豆、果物、野菜

動物性タンパク質には必須アミノ酸が含まれており「良質なタンパク質」とされています。

無添加のドッグフードを選ぶ

これは別に柴犬だけに限った話ではないですが、愛犬に与えるドッグフードできるだけ無添加のドッグフードを選びましょう。

  • 着色料
  • 香料
  • 合成添加物

着色料、香料などはドッグフードの添加物の中で最も不必要な2つです。
この2つが入ってる場合は避けましょう。

しかし、酸化防止剤は必要な栄養素である油脂を酸化させないためどうしようても必要になってきてしまいます。

酸化防止剤は合成添加物が使用されているドッグフードではなく天然添加物が使用されているドッグフードを選びましょう。

こちらは好ましくない添加物一覧です。

香料匂いをつけるための物
着色料赤色2号や黄色4号など○色○号といった着色料
酸化防止剤エトキシン・
、BHA(ブチルヒドロキシアニソール)、BHT(ブチルヒドロキシトルエン)
発色剤亜硝酸ナトリウム

天然由来の酸化防止剤は以下のものです。

【天然添加物の酸化防止剤

  • ミックストコフェロール
  • ローズマリー抽出物
  • ビタミンE、C

ビタミンEなどは栄養を補助するためによく含まれているのですが、さらに酸化防止の効果もある優れものです。

かかりやすい病気予防のドッグフードを選ぶ

柴犬はアレルギー性皮膚炎になりやすいのでアレルゲンが少ないドッグフードを選びましょう。

ただ、アレルギー性皮膚炎が起こる原因はドッグフードなどの食べ物だけではありません。

食べ物の他に、ハウスダストや花粉などでもアレルギーは起こる場合もよくあります。

体を足でよくかいている、皮膚が湿疹しているなどの症状があったらアレルギーを疑う、あまりにも続くようなら動物病院で診てもらってください。

食物アレルギーを発症しやすい食材の一覧

  • 肉類(牛肉、鶏)
  • 乳製品
  • 穀類(大豆、小麦、トウモロコシ)

 

 犬のアレルギー検査は高額アトピー性皮膚炎と食物アレルギーの違いは病院での検査が1番ですが、飼い主さんでも見極めれるポイントがあります。

  • アトピー性皮膚炎→季節性がある、関節の内側や脇の下に皮膚炎が出る。
  • 食物アレルギー →1年中起こる、目や口周り、背中に皮膚炎が出ることが多い。

全てのアレルギー検査を行うとお金が4~7万かかってしまうので、もしどちらかの症状に偏っている場合は検査を絞ってみることをおすすめします。

 

柴犬におすすめのドッグフードランキング

以上のことを踏まえて柴犬におすすめのドッグフードを紹介します。

ただ犬によっては合う、合わないが合うので完全さを保障するものではありません。

1位 モグワン

モグワンドッグフードのパッケージ
価格通常購入4,356円(税込み)
定期購入3,920円(税込み)
内容量1.8kg
対応年齢全年齢対応
原産国イギリス
特徴高タンパク質/グレインフリー/着色料、香料、人工添加物不使用/ヒューマングレード
公式サイトhttps://starsea.jp/dogfood-best-one/link-moguwan

モグワンは口コミもよく人気のイギリス産ドッグフードです。

モグワンは欧州ペットフード工業連合会)の厳しい基準をクリアしているドッグフードです。

モグワンの製造工場PFMAはFEDIAF(欧州ペットフード工業連合会)に加盟しており、第三者による監査もあり安心できます。

余分な添加物を使わずに合成添加物、着色料、香料は一切不使用です。

また、動物性たんぱく質が50%以上もあり、良質なタンパク質を柴犬が摂取できます。

私も愛用していますが、愛犬も喜んで食べており飼い主としても満足しているドッグフードです。

2位 このこのごはん

このこのごはんドッグフードのパッケージ
価格初回限定3,278円(税込み)
通常価格3,850円(税込み)
定期コース3,278円(税込み)
内容量1kg
対応年齢全年齢対象
原産国日本
特徴オイルコーティングなし/小麦グルテンフリー/保存料不使用/ヒューマングレード
公式サイトhttps://starsea.jp/dogfood-best-one/link-konokonogohan

このこのごはんは着色料、香料など余分な添加物を使わず愛犬のことを第一に考えた国産ドッグフードです。

ドッグフードをレビューする時必ず私自信が食べて確認するのですが、このこのごはんは人間の私が食べても旨味を感じました。

愛犬の食いつきがいいのも納得ができます。

私は欧州産やアメリカ産のドッグフードのほうが品質は良いと思っていますが、国産にこだわりがあるという方はこのこのごはんをおすすめします。

3位ブッチ

ブッチドッグフードのパッケージ
価格初回限定3種3本で3,000円(税込み)
通常価格1本1,430(税込み)
内容量800g,2kg
対応年齢全年齢対応
原産国ニュージーランド
特徴人工添加物不使用/グルテンフリー/水分含有量70%/とても食いつきが良い
公式サイトhttps://starsea.jp/dogfood-best-one/link-butch

ブッチはニュージーランド産のウェットタイプのドッグフードです。

AAFCOの厳しい基準を合格して生産されています。
栄養も十分にとることができ、ブッチドッグフードの水だけ与えていれば必要な栄養をすべてとることができます。

本当なら1位にしたいところなのですが、ウェットドッグフードということで取り扱いがドライドッグフードより大変なので1位からは外しました。

ブッチを食べて愛犬の喜ぶ姿を見ると、個人的には1番与えてよかったと思えるフードです。

4位 アカナ

アカナドッグフードのパッケージ
価格1,210円(340g)(税込み)
5,500円(2㎏)(税込み)
13,200円(6㎏)(税込み)
※種類によって内容量価格が変わります。
内容量340g,2kg,6kg
対応年齢全年齢対応
※年齢によって種類を選ぶ必要あり
原産国カナダ
特徴高タンパク質/合成添加物不使用/着色料、香料不使用
公式サイトhttps://starsea.jp/dogfood-best-one/link-acana

アカナドッグフードはとにかく全ての食材を新鮮に!ということを意識して作られているカナダ産のドッグフードです。

オリジンドッグフードとは姉妹ブランドになります。

アカナは最高で75%ほどの肉原材料をしようしており、ドッグフードの中でもトップクラスです。

原材料はヒューマングレードで、人間が食べるような食材で使われいるものを使用しています。

地元でとれた食材を自社のキッチンで作っています。

インターペット2021でアカナ、オリジンのブースへ見学しにいったところ現物の食材を見る機会があったのですが、どれもまるっと食材を使っていて粉末状にした肉の粉などありませんでした。

5位 シュプレモドッグフード

シュプレモドッグフードのパッケージ
価格1kg 1866円(税込み)
3kg3,859円(税込み)
6kg 7,353円(税込み)
※Amazonの場合
内容量1kg,3kg,6kg
対応年齢全年齢対象(種類によって異なる)
原産国アメリカ
特徴高タンパク質/種類が豊富/香料着色料不使用
公式サイトhttps://nutro.jp/dogfood/supremo/

シュプレモドッグフードは90年以上の歴史を持つニュートロ社が生産している、アメリカ産のドッグフードです。

原材料は顔を合わせて信頼のできる生産者から買うなどこだわりが見えます。
製造や輸送に関してとても厳しく管理しており私は安心できます。

口コミもよく人気のドッグフードです。

しかし、3回ほど問題を起こしてリコールになっているので気になるという方はやめておいたほうがいいでしょう。

6位 カナガン

カナガンドッグフードのパッケージ
価格定期購入3,920円(税込み)
通常購入4,356円(税込み)
内容量2kg
対応年齢全年齢対応
原産国イギリス
特徴穀物不使用/ヒューマングレード/高タンパク質/人工添加物不使用
公式サイトhttps://starsea.jp/dogfood-best-one/link-canagan

カナガンドッグフードはFEDIAF(欧州ペットフード工業連合会)の基準をクリアして作られたプラミアムドッグフードです。

グレインフリーで消化にもよく、なおかつヒューマングレードの食材を使うなど犬のことをよく考えられて作られているドッグフードです。

原材料の約半分がチキンとなっており動物性たんぱく質がとても豊富に含まれています。

口コミもよく人気のドッグフードです。

7位 ファインペッツ

ファインペッツドッグフードのパッケージ
価格1.5㎏の場合
初回限定1,100円(税込み)
通常購入3,142円(税込み)
定期購入で10%オフ
内容量1.5㎏.4㎏.8㎏.16㎏
対象年齢全年齢対象
原産国オランダ
特徴合成酸化防止剤・防腐剤不使用
公式サイトhttps://starsea.jp/dogfood-best-one/link-finepets

ファインペッツは25年以上の歴史を持つオランダのドッグフードです。
人間が食べることができるレベルの原材料しか使用せず、主原料の割合のうち80%がアレルギー性の低い鹿肉、鶏肉、鮭肉となっています。

我が家でも一時期愛犬が食べており、試してきたドッグフードの中でも食いつきがよく愛犬も満足そうでした。

しかし、パッケージの気密性が低いのと、カロリーが他のドッグフードと比べてやや高めなので、肥満気味の愛犬には注意してください。

8位  オリジン

オリジンドッグフードのパッケージ
価格1,265円(340g)(税込み)
5,280円(2kg)(税込み)
11,770円(5.9kg)(税込み)
19,800円(11.3kg)(税込み)
※オリジンオリジナルの場合
内容量340g,2kg,5.9kg,11.3kg
対応年齢全年齢対応
原産国アメリカ
特徴高タンパク質/ヒューマングレード/グレインフリー
公式サイトhttps://starsea.jp/dogfood-best-one/link-orijen

オリジンドッグフードはアカナドッグフードと姉妹ブランドのアメリカ産ドッグフードです。

様々な賞を受賞し、愛犬家からも根強い人気があるオリジンは新鮮さを大事にし、地元でとれた食材を自社のキッチンで調理しています。

オリジンは全額返金キャンペーンをやっているので食べなかったりしても安心して購入できます。

オリジンオリジナルは少し大きめなので小型犬にはオリジンスモールブリードを与えてください。

9位 ハッピードッグフード

ハッピードッグフードのパッケージ
価格275円(80g)
1,045円(300g)
2,200円(1㎏)
7,040円(4㎏)
※ミニアダルトの場合
内容量80g.300g.1㎏.4㎏
※ミニアダルトの場合
対応年齢全年齢対象
※種類によって異なる
原産国ドイツ
特徴種類が豊富/グレインフリー/着色料香料不使用/合成添加物不使用
公式サイトhttps://starsea.jp/dogfood-best-one/HAPPYDOG-link

ハッピードッグフードは約50年の歴史を持つドイツ産のドッグフードです。

ヨーロッパ特有のドッグフードの製造基準の厳しさを兼ね備え、ヒューマングレードの食材を使用し、安全性はとても高いドッグフードです。

2021年インターペットの展示会でハッピードッグの社員さんにお話を伺ったのですが、種類も多くどの犬種にも柔軟に対応ができます。

愛犬にピッタリのドッグフードがあるかもしれません。

10位 ナチュロル

ナチュロルドッグフードのパッケージ
価格お試し100円
通常価格3,300円(税込み)
定期コース2,739円(税込み)
内容量850g
対応年齢全年齢対応
原産国日本
特徴安定持続型ビタミンC配合/グレイン、グルテンフリー/無添加
公式サイトhttps://starsea.jp/dogfood-best-one/link-naturol

ナチュロルドッグフードはとにかく余分なものは入れないというこだわりが見える国産ドッグフードです。

着色料、香料はもちろん、酸化防止剤などの添加物が使われておりません。

使っている食材もシンプルで少なく、アレルギーに敏感な飼い主や、愛犬でも問題なくしようすることができます。

食いつきもよく人気のあるドッグフードです。

まとめ

今回は柴犬にあったドッグフードを10個おすすめさせていただきました。

愛犬にピッタリのドッグフードを見つけてよりよい生活を過ごしてください。

参考文献・参考サイト

シェアしてね!

ABOUT US

渡邊 星海
この記事を書いた人保有資格:小動物看護士/ペット販売士/トリマーB級/ハンドラーC級/訓練士補/二級愛玩動物飼育管理士/第一種動物取扱業登録/動物取扱責任者JKC公認トリマー養成機関で2年犬に関する様々な知識や技術を学び、多数の資格をとる。トリミングサロンStarseaを経営しながらドッグフードベストわんっ!を運営。 詳しいライター情報はこちら