シニア犬用(老犬)おすすめのドッグフードランキング5選!動物看護士資格持ちが選びました!

愛犬が歳をとってきてだんだん食が細くなってきた、食べなくなってきたなどの悩みが多くなると思います。

実際に私が買っている愛犬のトイプードルはもう12歳となり人間でいうと64歳のおばあちゃんです。

もっと長生きしてほしい、健康のままでいてほしいという方の為にシニア犬におすすめのドッグフードを紹介します。

シニア犬(老犬)に与えるドッグフードの選び方

シニア犬に与えるドッグフードの選び方をいくつかのポイントと共に紹介します。

シニア用と書かれているドッグフードに騙されない

シニア用と書かれているからこれで大丈夫と思ったら大間違いです。

私がシニア用のドッグフードをいろいろと調べる中でびっくりしたのはとあるメーカーで1歳以上の体重管理用のドッグフードと11歳以上のシニア用のドッグフードの中身がまったく同じだったことです。

マイナーなドッグフードではなく、それなりに有名なドッグフードだったのでとてもびっくりしました。

シニア用と書かれているからと安心せずにしっかりと原材料を見比べてドッグフードを選びましょう。

食べやすい大きさ硬さのドッグフード

私はドッグフードを調べるとき必ず味や硬さをチェックするためにすべてのドッグフードを食べています。

その中にはシニア犬にはとても食べられない硬さのドッグフードの中にはあります。

シニア犬は歳をとって顎の力が弱くなりうまくドッグフードを食べられないということがあります。

そのようなことがないように大きさや硬さの問題がないドッグフードを選びましょう。

さすがにドッグフードを買う前に調べられることではないのですし、他にチェックしているような方もおそらくいないのでこのサイトを参考にしてください。

消化にいい食材が使われている

人間もそうなのですが、犬も年をとると消化機能が低下していきます。

シニア用と書かれているドッグフードなのに、1番多い原材料がとうもろこしと書かれているドッグフードがあり、それはちょっと負担をかけすぎなのでは?と疑問に思いました。

穀物が決して悪いとは言いませんが、穀物と肉のバランスが合っているドッグフードを選択しましょう。

グレインフリードッグフードでも全く問題ないです。

関節に良い成分、原材料が含まれている。

犬も人間と同様、だんだん関節も弱くなってきます。

人間の場合は膝が痛くなってきたと言えるのですが、犬の場合それが言えず、飼い主が痛いことに気づかないまま散歩に連れて行ってしまう場合などがあります。

シニア犬のドッグフードを選ぶときは骨や関節に良い原材料が使われている物を選びましょう。

関節軟骨などのかかわりがある成分はオメガ3脂肪酸、グルコサミン、コンドロイチンなどです。

特にグルコサミンやコンドロイチンはたんぱく質と一緒に結びついています。

コンドロイチン、グルコサミンをとるには肉や魚などの良質な動物性たんぱく質を摂取することが大事になってきます。

また次の低脂肪、高たんぱくのドッグフードにするという話につながるのですが、太っていると関節にとても負担がかかるので適切な体重を維持しましょう。

愛犬に合わせたカロリーのドッグフードを選ぶ。

シニア犬となると運動量も減り筋肉もどんどん落ちていきます。

私の愛犬は12歳ですが、元気に走っています。しかし、中には12歳でずっと寝てるだけという犬もいます。

寝てるだけの愛犬がカロリーの高いドッグフードを食べ続けるとどんどん太っていきます。

これに関してはシニア犬でも元気ならカロリーが多少高めでも大丈夫なので、愛犬の運動量、体重などを考えてドッグフードを選びましょう。

逆に食が細ってきたのに低カロリーのドッグフードを与え続けていたらガリガリに痩せてしまう可能性があるので気を付けてください。

  • 運動量が減ってきたが食も細ってきた愛犬→カロリーが高めのドッグフード
  • 運動量が減ったが食欲は今まで通りの愛犬→カロリーが低めのドッグフード

シニア犬におすすめのドッグフードランキング

以上のことを踏まえてシニア犬におすすめのドッグフードを紹介します。なお、個体差があるので全ての犬に合うわけではないことを了承ください。

※ドッグフードは全て実際に購入して調査しています。

1位このこのごはん

このこのごはんドッグフードのパッケージ
価格初回限定3,278円(税込み)
通常価格3,850円(税込み)
定期コース3,278円(税込み)
内容量1kg
対応年齢全年齢対象
原産国日本
特徴オイルコーティングなし/小麦不使用/保存料不使用/ヒューマングレード/きれいな目元をキープ/国産/低脂肪/食いつき◎
公式サイトhttps://starsea.jp/dogfood-best-one/link-konokonogohan

このこのごはんは愛犬のことを第一に考えた国産ドッグフードです。

高タンパク質低脂質で運動量が減ってきたシニア犬にぴったりのドッグフードで、なおかつ消化にいいモリンガや乳酸菌が含まれているので胃腸の健康を維持します。

余分な添加物は一切使われておらず酸化防止剤も使われておりません。

わたしもこのこのごはんを12歳のトイプードルに与えており満足しているドッグフードです。

\初回送料無料、定期コースで15%オフ!/

2位うまかドッグフード

うまかドッグフードのパッケージ
価格【初回購入】3,278円(税込み)
【通常価格】5,478円(税込み)
【定期購入】4,930円(税込み)
内容量1.5㎏
対応年齢全年齢
原産国日本
特徴合成添加物不使用/着色料・香料不使用/小麦グルテンフリー/ノンオイルコーティング/ヒューマングレード/九州産の華味鶏という鶏肉を使用/ビフィズス菌、オリゴ糖配合
公式サイトhttps://starsea.jp/dogfood-best-one/link-umaka

「うまか」は九州の有名な水炊き料亭「博多華味鳥」が作っている総合栄養食の国産ドッグフードです。

主原料には九州のブランド鶏肉「華味鶏」が贅沢につかわれており、愛犬からとても人気のあるドッグフードです。

グルテンフリーで小麦は入っておらず、穀物も玄米や大麦など健康にいい食材を使っています。

カロリーは345kcalと平均的な数字です。

着色料、香料、保存料、酸化防止剤、全て入っておらず必要のない添加物は一切入っていません。

\初回限定40%オフ!/

3位モグワン

モグワンドッグフードのパッケージ
価格通常購入4,356円(税込み)
定期購入3,920円(税込み)

ドッグフードベストわん特別価格!今なら初回50%オフ2,178円(税込み)

内容量1.8kg
対応年齢全年齢対応
原産国イギリス
特徴高タンパク質/グレインフリー/着色料、香料、人工添加物不使用/ヒューマングレード/食いつき◎/目元キレイを維持
公式サイトhttps://starsea.jp/dogfood-best-one/link-moguwan

もし愛犬がシニア犬でも、元気でよく運動するよ!というのならモグワンドッグフードがおすすめです。

モグワンの原材料チキンとサーモンがメインで動物性たんぱく質がなんと50%以上もあります。

安全性に関しても問題がなく、欧州ペットフード工業会連合(FEDIAF)の厳しい基準をクリアしている安全安心のドッグフードです。

今ならドッグフードベストわん!からの購入で初回50%オフ!

4位ピッコロ

ピッコロドッグフードのパッケージ
価格通常購入:4,356円
定期購入:3,920円
内容量1.5kg
対象年齢7歳以上(シニア犬用)
原産国イギリス
特徴シニア犬用/香料着色料不使用/グレインフリー/低カロリー
公式サイトhttps://starsea.jp/dogfood-best-one/link-piccolo

ピッコロはシニア犬や太っている犬のためにつくられたドッグフードです。

高タンパク質、低カロリーでシニア犬の健康をサポートします。

着色料、香料、合成添加物も不使用で、余分な添加物は一切使われていません。

安全性もトップクラスで欧州ペットフード工業会連合(FEDIAF)の厳しい基準をクリアして作られています。

味や硬さについても私が食べてみたところシニア犬でも問題なくかみ砕ける硬さで、味も塩分が強すぎるなんてことはありませんでした。

ヒューマングレード(人間が食べているレベルの原材料)とグレインフリー(穀物不使用)ということもあり愛犬におすすめできるドッグフードです。

 

5位ブッチ

ブッチドッグフードのパッケージ
価格初回限定3種3本で3,000円(税込み)
通常価格1本1,430(税込み)
内容量800g,2kg
対応年齢全年齢対応
原産国ニュージーランド
特徴人工添加物不使用/グルテンフリー/水分含有量70%/とても食いつきが良い
公式サイトhttps://starsea.jp/dogfood-best-one/link-butch

ブッチドッグフードはニュージーランド産のウェットタイプドッグフードです。

ウェットタイプなので硬さはもちろん問題なく、味に関しても人間の私が食べたのですが、レバーパテのような味がしておいしかったです。

ブッチはもう2年以上ずっと愛用していて愛犬がとてつもなく喜んでくれるのでおすすめしたいドッグフードです。

1位にしてもいいくらいなのですが、ウェットドッグフードなので5位としました。

食いつきがいいというだけではなく、栄養的にもすぐれていて水とブッチさえあれば生きていけるほどです。

水の含有量がとても多く、水をあまり飲んでくれないという愛犬にもぴったりのドッグフードです。

6位アカナ シニアドッグ

価格1,210円(340g)(税込み)
5,500円(2㎏)(税込み)
13,200円(6㎏)(税込み)
※種類によって内容量価格が変わります。
内容量340g,2kg,6kg
対応年齢全年齢対応
※年齢によって種類を選ぶ必要あり
原産国カナダ
特徴高タンパク質/合成添加物不使用/着色料、香料不使用
公式サイトhttps://starsea.jp/dogfood-best-one/link-acana

画像はアカナアダルトスモールブリードですが、アカナシニアドッグいうシニア犬向けのドッグフードが発売されています。

シニアドッグフードで調べると様々な種類が出てきますが、通常のドッグフードと大して違いがないことが多いです。

しかしアカナシニアドッグはシニア犬に合わせて原材料をしっかりと調整しています。

血糖値を健康な状態にするために消化吸収が早い炭水化物を使用していません。

安全性においてもトップクラスで、地元でとれた食材を自社のキッチンで調理しています。

7位ココグルメ

ココグルメドッグフードのパッケージ
価格初回限定50%オフ2,948円(税込み)
通常購入5,885円(税込み)
定期購入4,708円(税込み)
内容量1.6㎏
対象年齢全年齢対象
原産国日本
特徴着色料・香料・保存料不使用/ヒューマングレード/グレインフリー/グルテンフリー
公式サイトhttps://starsea.jp/dogfood-best-one/link-coco-gourmet

ココグルメは人気の手作りドッグフードです。全てすりつぶされて丸められてるドッグフードと違い、素材がごろごろと入っています。

ウェットタイプのドッグフードでとてもやわらかくシニア犬でも問題なく食べることができます。

口コミもとてもよくココグルメをおいしく食べてくれるというわんちゃんがたくさんいますし、私の愛犬にもよく食べさせるのですが、やはりとても喜んでくれます。

原材料も鶏肉か豚肉がメインなので動物性たんぱく質が豊富です。

注意したいのが水分量が多く下痢になりやすいので、最初は少なめに与えてください。

あまり食べない場合はふやかしてみる

犬も歳をとってくると食が細くなっていきます。

そこで役に立つのがカリカリのドッグフードをふやかす方法です。

【ドッグフードのふやかし方手順】

  1. ドッグフードを容器にいれる
  2. ドッグフードが半分浸かるようにぬるま湯をいれる
  3. 10分待つ
  4. 爪でドッグフードを割ってみて柔らかいようなら完成

 熱湯を使いドッグフードをふやかすと、愛犬がやけどしてしまう可能性がありますのでぬるま湯でふやかしてください。

ふやかすことによって匂いが強くなること、口当たりが変わることによっていままで食べてくれなかったドッグフード食べてくれたりします。

実際に私も数日に一回はモグキューブなどを混ぜてふやかします。

おまけに水分も補給できてとてもおすすめです。

ウェットフードのほうがいいの?

ウェットフードはたしかに柔らかく食いつきもいいのですが、メリットデメリットが分かれるので愛犬に合わせて購入しましょう。

【ウェットフードのメリット】

  • 食いつきがよい
  • 柔らかくシニア犬でも食べやすい
  • 水分も補給できる

【ウェットフードのデメリット】

  • ドライフードと比べると値段が高め
  • 管理が大変

個人的には使い分けるのが一番だと思います。

私の家ではドライフードとウェットフードを使い分けてウェットフードのブッチやココグルメはご褒美のように使っています。

毎日同じドッグフードでは生活の喜びが少ないのでブッチやココグルメを与えて生活の質を上げましょう。

シニア(老犬)の愛犬がドッグフードを食べないときはどうしたらいい?

シニア犬がご飯を食べない理由はいくつかあります。

  • 老化で食が細くなってきてる
  • 顎や歯が弱くなってうまく食べられなくなっている
  • 飲み込む力が落ちている
  • 心理的ストレス
  • 体調が悪い
  • ドッグフードがおいしくない
  • お腹がいっぱい

このように、シニア特有の悩みからドッグフードが好きじゃないなど様々な理由があるので、愛犬が食べない理由はなにか探し出して解決してあげましょう。

犬はしゃべることができないので飼い主が愛犬の気持ちを汲み取ってあげることが大事です。

もし何日間もまともに食べられないのならすぐに動物病院で診てもらいましょう。

まとめ

今回はシニア向けにおすすめのドッグフードを紹介しました。

私の愛犬のトイプードルも、もう12歳と老犬なので気を使いたくなる気持ちはとてもわかります。

シニアからではなく若い時から良質なドッグフードを食べてもらい元気で長生きしてもらいましょう。

おすすめする安全のドッグフードはこれ!ランキング10選!動物看護士資格を持つ私が厳選比較!【2021年最新版】
おすすめする安全のドッグフードはこれ!ランキング10選!動物看護士資格を持つ私が厳選比較!【2021年最新版】
「ドッグフードの種類が多すぎてわからない」 「愛犬に合ったドッグフードの選び方が分からない」 「口コミや評判、ドッグフードランキングサイトが本当なのか信用できな.....

参考文献・参考サイト

ABOUT US

渡邊 星海hoshimi0505
この記事を書いた人保有資格:小動物看護士/ペット販売士/トリマーB級/ハンドラーC級/訓練士補/二級愛玩動物飼育管理士/第一種動物取扱業登録/動物取扱責任者JKC公認トリマー養成機関で2年犬に関する様々な知識や技術を学び、多数の資格をとる。トリミングサロンStar seaを経営しながらドッグフードベストわんっ!を運営。 詳しいライター情報はこちら