グルテンフリーとグレインフリーの違いってなに?動物看護師資格持ちが解説!

様々なドッグフードを見ると、グレインフリー!グルテンフリー!などパッケージに大きく書かれていてなんなのだろうそれは?って思ったことありませんか?

グレインは穀物のことで、グルテンは小麦に含まれているタンパク質のことです。つまりグレインフリーは穀物が入っていないもの。グルテンフリーは小麦が入っていないドッグフードのことを言います。

簡潔に説明しましたが小動物看護士や動物取扱責任者などの資格を持つ私が詳しく説明していきます。

グレインは穀物、グルテンは小麦

グレインは英語で穀物という意味です。グルテンはまた英語で小麦粉に含まれるたんぱく質の名前です。

フリーという言葉も合わせてグレインフリーは穀物が入っていないよ、グルテンフリーは小麦が入っていないという意味になります。

小麦は穀物という枠の中に含まれるのでグレインフリーということはグルテンフリーでもあるということになります。

グレイン(穀物)
  • 小麦(グルテン)
  • 大麦
  • 白米
  • 玄米
  • そば
  • とうもろこし
  • 黒豆
  • 小豆

グルテンフリーは小麦は入ってないよということになりますが、グレインフリーは上の表にあるような原材料は全て入っていないということになります。

しかし、まだグレインフリーやグルテンフリーにするとどんないいことがあるの?と不思議に感じると思います。

次はグレインフリー、グルテンフリーそれぞれの特徴を解説していきます。

グレインフリーとは?

グレインフリーと書かれているドッグフードは多いですが、ではグレインフリーにすると、犬にとってどんないいことがあるのでしょうか?

犬は穀物の消化が得意ではない

犬は肉食よりの雑食です。なのでそもそも米などより肉や魚のほうが体に合っているという面があります。

ネットには犬は穀物を消化できないからグレインフリーじゃないとだめ!という記事も見かけますがそんなことはありません。

ドッグフードに含まれている穀物は全て熱が加えられてアルファ化されているので犬でも消化することが可能です。アルファ化されていないのであれば、人間でも消化は難しいです。

しかし、犬は穀物を食べることが出来ますが、消化が得意ではないということは頭に入れておいてください。

穀物は太りやすい

穀物などの炭水化物は血糖値が上がりやすく、太りやすいです。愛犬が肥満気味の場合は穀物やイモ類などGI値が高いとドッグフードは避けたほうがいいでしょう。

穀物が主原料になっているドッグフードより、肉や魚などが主原料のドッグフードを選びましょう。

ホームセンターに売っているような安価なドッグフードは穀物が主原料のことが多いです。原材料表は多い順に書かれているので、一番最初に書かれている原材料に穀物が書かれているドッグフードより肉類が書かれているほうが愛犬にとって良いドッグフードです。

グレインフリードッグフードのおすすめランキング!動物看護士資格持ちが選びました。
グレインフリードッグフードのおすすめランキング!動物看護士資格持ちが選びました。
ドッグフードを見ているとパッケージにグレインフリーとよく書かれています。 このグレインフリーとはいったいなんなのでしょうか? 今回はグレインフリーとはなにか?グ.....

グルテンフリーとは?

グルテンフリーとは小麦が入っていないことを言います。グルテンフリーにする理由を説明します。

小麦をドッグフードに入れない理由は小麦アレルギーの犬が多いからです。実際に私のトリミングサロン来るお客様のわんちゃんの中にも小麦アレルギーという方がいます。

アレルギーを発症しやすい小麦を避けるためにグルテンフリーにしているというわけです。

麦類は除き、玄米や豆、大麦などの栄養が豊富な食材を使っているなどが一般的です。

まとめ

以上がグレインフリーとグルテンフリーの違いです。

グレインフリーとグルテンフリーの違いを踏まえて愛犬にぴったりのドッグフードをぜひ見つけてください。

ABOUT US

渡邊 星海hoshimi0505
この記事を書いた人保有資格:小動物看護士/ペット販売士/トリマーB級/ハンドラーC級/訓練士補/二級愛玩動物飼育管理士/第一種動物取扱業登録/動物取扱責任者JKC公認トリマー養成機関で2年犬に関する様々な知識や技術を学び、多数の資格をとる。トリミングサロンStar seaを経営しながらドッグフードベストわんっ!を運営。 詳しいライター情報はこちら
動物取扱責任者が選ぶドッグフードはこれ!
ドッグフード総合ランキングを見る
おすすめのドッグフードはこれ!