犬の餌の量計算はどうやる?給餌量の計算方法と押さえておくべきポイント

犬に適した給餌量は、体重や状態、餌のカロリーによって異なります。

この記事では、犬の1日あたりの給餌量を求める具体的な計算式を紹介します。

実際に給餌する際のポイントもチェックして、愛犬にとって適切な給餌量を把握しましょう。

犬の餌の量を計算する方法【3ステップ】

犬の1日あたりの給餌量を求めるには、以下の計算式を使います。

1日あたりの給餌量を求める計算式

犬の1日あたりの給餌量[g]=DER(RER×活動係数)÷餌のエネルギー量(/100g)×100

具体的な計算の手順は、以下3ステップです。

必要な手順
  1. 犬の体重からRERを求める
  2. RERに活動係数をかけてDERを求める
  3. DERを餌のエネルギー量で割り、100をかける

それぞれ詳しく説明していきます。

犬の体重からRERを求める

RERとは、安静時必要エネルギー量(Resting Energy Requirement)の略で、「健康な動物が常温環境で安静にしているときに必要とするエネルギー量」を指します。

RERは、愛犬の体重さえわかっていれば計算できます。

2通りの計算式がありますが、どちらを使っても同じ数値が求められるので、好きなほうを選んでください。

RERを求める計算式(どちらでもOK)
  • RER[kcal]=体重[kg]の0.75乗×70
  • 体重[kg]×体重[kg]×体重[kg]=√√×70

<体重4㎏の犬の計算例>

  1. 4×4×4を計算(=64)
  2. 64を表示させたまま、√(ルート)を2回押す
  3. 2.82842…に70をかけて出た数値がRER
    →64√√×70=197.98989… 

計算の結果、体重4㎏の犬のRERは約198kcalと分かりました。

イメージしやすいよう、体重ごとのRERが一目で分かる表も載せておきますね。

体重RER体重RER
1kg7011kg423
2kg11812kg451
3kg16013kg479
4kg19814kg507
5kg23415kg534
6kg26816kg560
7kg30117kg586
8kg33318kg612
9kg36419kg637
10kg39420kg662

RERに活動係数をかけてDERを求める

続いてDERを求めましょう。

DERとは、1日あたりのエネルギー要求量(Daily Energy Requirement)の略で、「動物の体重・年齢・生活環境・運動量・療養中かどうか」などを考慮して決定します。

まずは以下の表を確認し、愛犬が当てはまる項目の活動係数を確認してください。

犬の年齢・状態活動係数
子犬:生後4か月未満3
子犬:生後4~9か月2.5
子犬:生後10~12ヶ月2
成犬:避妊・去勢していない1.8
成犬:避妊・去勢している1.6
成犬:肥満傾向1.4
成犬:減量中1
成犬:妊娠1~4週目2
成犬:妊娠5~6週目2.5
成犬:妊娠7~8週目3
成犬:授乳期4~8
老犬:避妊・去勢していない1.4
老犬:避妊・去勢している1.2

なお、活動係数はひとつだけ選択します。

「避妊・去勢していない成犬で妊娠1~4週目」のように項目が重複する場合、活動係数は「成犬:避妊・去勢していない」ではなく、より具体的な状態を指す「成犬:妊娠1~4週目」を選びましょう。

活動係数が分かったら、RERを使ってDERを求めます。

DERを求める計算式

DER[kcal]=RER[kcal]×活動係数

<体重4㎏の犬の計算例>
※RERは198、避妊・去勢済の成犬とする

  • RER(198)に活動係数1.6をかける
    →198×1.6=316.78383… 

つまり、体重4㎏の犬のDERは約316kcalということが分かります。

DERを餌のエネルギー量で割り、100をかける

最後のステップ、DERを餌のエネルギー量(/100g)で割り、出た数値に100をかければ「1日あたりの給餌量」が分かります。

エネルギー量とはいわゆるカロリーのことで、ほとんどの商品はパッケージの裏に100gあたりのカロリー量が記載されています。

パッケージがない場合はインターネット等で商品を検索し、正確なカロリー量を確認しましょう。

1日に必要な給餌量の計算式

1日あたりの給餌量[g]=DER[kcal]÷餌のエネルギー量(/100g)[kcal]×100

<体重4㎏の犬の計算例>
※DERは316kcal、与える餌のカロリーは300kcal/100gとする

  1. DER(316)を餌のエネルギー量(300)で割る
  2. 出た数値に100をかける →316÷300×100=105g

DERが316の犬に300kcalの餌を与える場合、1日あたりの適切な給餌量は「105g」ということですね。

なお、食事を1日2回与える場合は半量の約52gが1回量、1日3回なら35gが1回量です。

量計算だけではNG!犬の餌の量を決めるポイント

上記の計算式を使えば、愛犬に適した給餌量を具体的に把握できます。

ただ、その量が本当に適切かどうかは状況によって異なるため、「どんなときでもその量を与えていればいい」というわけではありません。

最終的な犬の餌の量は、以下3つのポイントを考慮して決めることが大切です。

犬の餌の量を決めるときのポイント
  1. トッピングするなら餌は減らす
  2. 犬の運動量や季節によって微調整する
  3. 適量かどうかは犬の体重・便から判断する

トッピングするなら餌は減らす

肉や野菜をトッピングするなら、そのぶんドッグフードの量は減らしましょう。

トッピングによってカロリー量は異なりますが、そのつど細かく計算する必要はありません。

トッピングを2割入れる場合、ドッグフードは8割程度に調整してください。

犬の運動量や季節によって微調整する

運動量の多い犬と少ない犬では、消費カロリーが大きく異なります。

また、一般的に夏場は運動量・消費カロリーともに低下する傾向がありますが、冬は体温維持のため多くのエネルギーが必要です。

犬の運動量や季節に合わせて、ドッグフードの量は調整しましょう。

適量かどうかは犬の体重・便から判断する

給餌量が適切かどうかは、主に犬の体重や便をみて判断できます。

犬の状態
  • コロコロして硬い・痩せてきた:餌の量が少ない
  • やわらかい・太ってきた:餌の量が多い

計算で出た量と今与えている量に差があっても、体重や便に問題がなければフード量は変えなくても構いません。

「必ずこの通りに与えなくてはいけない」というわけではないので、あくまで目安として考えてくださいね。

まとめ

犬の給餌量を計算するには、大きく3つのステップが必要です。

初めはややこしく感じるかもしれませんが、体重・年齢・健康状態など、詳しい条件をもとに計算すれば、より正確な給餌量が把握できます。

愛犬の体重や便の状態もこまめにチェックしつつ、健康的な体型をキープしてあげましょう。

ABOUT US
山本 星海hoshimi0505
この記事を書いた人(旧姓:渡邊) 保有資格:小動物看護士/ペット販売士/トリマーB級/ハンドラーC級/訓練士補/二級愛玩動物飼育管理士/動物取扱責任者/犬の管理栄養士(※資格名を押すと証明書が見れます。) 第一種動物取扱業:第225818003号 保管 動物取扱責任者:山本星海 JKC公認トリマー養成機関で2年犬に関する様々な知識や技術を学び、多数の資格をとる。トリミングサロンStar seaを経営しながらドッグフードベストわんっ!を運営。 詳しいライター情報はこちら
100種類以上を調査・比較!
おすすめのドッグフード20選!
100種類以上を調査・比較!
おすすめのドッグフード20選!