犬の咳、様子見は危険かも?考えられる原因や治療とは

お水を飲んだ時やお散歩時、ふとしたタイミングに犬が咳き込むことはありませんか?

むせてしまったのかな?と感じるかもしれませんがあまり続くようであれば何か病気が隠れているのかもしれません!

犬の病気に中で咳が代表的な症状として出てくる疾患はいくつかあります。
そこで今回は咳が出たときに考えられる病気や治療の方法をまとめました!

咳の原因と症状

ケンネルコフ

ウイルスが原因となる感染症です。

短く乾いた咳が代表的な症状で免疫力の弱い子犬が感染しやすいのが特徴です。

ケンネルとは犬小屋という意味、コフは咳を指し、その名の通り繁殖が行われた場所やショップなどで感染が広がってしまうケースが多いようです。

おうちに迎えたばかりの犬や、ワクチン未接種の犬が咳を繰り返すようであればケンネルコフの可能性も。

気管虚脱

口から肺に繋がる気管、本来はホースのように筒状になっていますが何らかの理由でこの筒がつぶれてしまい呼吸がしにくい状態になってしまうのが気管虚脱です。

初期は飲水時に咳き込む程度ですが進行するとガーガーといったガチョウのような咳が出ます。重度の状態になるまでほとんど症状が出ないこともあり早期発見が重要です。

シニア期の小型犬に多いと言われていますがビーグルや柴犬、レトリーバー犬種など中型、大型犬にも見られるほか若齢でも遺伝子の関係で発症してしまう事もあります。

僧帽弁閉鎖不全症

左心房と左心室の間にある弁が正常に機能しなくなり血液が逆流してしまう病気です。

ゼーゼーとした咳が特徴で、疲れやすくなる、動きたがらなくなる、などの症状も出てきます。
進行すると血液の循環がうまくいかないことで肺に水が溜まる肺水腫を発症します。

肺水腫が起きている時は横になると苦しそうにする、ゼロゼロとした湿咳が出る、チアノーゼを起こすなど命に関わる重篤な症状を伴います。

この場合、酸素室や利尿剤など緊急的な治療が必要となりますので様子見は厳禁です。
初期のうちに病気を見つけ定期的に診察を受けておくことが大切です。

異物閉塞

おもちゃや堅いガムなど食道に異物が詰まった、引っかかっている、といった時に咳き込むことがあります。咳以外にはヨダレ、ハアハアとした呼吸などが見られることが多いでしょう

最悪チアノーゼや呼吸困難を起こしてしまう事も。
ぬいぐるみに入っている綿なども要注意です。

疾患別の治療方法

ケンネルコフ

合併症がなく軽度のケンネルコフは自然治癒することもありますが、その判断は必ず獣医師に行ってもらいましょう。
免疫力の弱い子犬は急激に悪化し命に関わることもあります。

症状がひどい場合には咳止めや抗生剤の内服薬、免疫力をあげる注射薬などを使用し、状態によっては薬剤を気化して吸入するネブライザーを使う事もあります。

治癒後タイミングを見てワクチンを接種し再発、再感染を予防します。

気管虚脱

気管虚脱は抗生剤、咳止め、気管支拡張剤などの内服薬で治療を行います。

ただ内服薬の服用で潰れた気管がもとに戻ることは無くあくまで対症療法の範囲になります。状態によっては内服薬の他、ネブライザーを使用し気管にダイレクトに薬剤を吸わせることも。

ただ最近では外科的治療の進歩が著しく手術で状態を劇的に改善できる可能性があります。

術式は2つあり、1つはステント法という人工的に作られた管を気管に挿入し形を整える方法です。もう一つはPLLP法と言い、特殊なプロテーゼという素材を使用して気管の形を矯正する方法です。

どちらも呼吸器専門の動物病院でしか行うことができず金額的にも飼い主さんの負担が大きいものになりますが内服薬で長期的に治療を行っていく方法に対し、短期的に状態の改善を望むことができるため検討する価値が十分ある治療方法といえます。

僧帽弁閉鎖不全症

僧帽弁閉鎖不全症は内服薬での治療がメインとなります。

一度失われた心機能を回復させることはできないため、病気の発覚以降はできるだけ進行を遅らせる対症療法を行っていきます。

まず初期段階では血管を拡張し血圧を抑えるお薬を使用して心臓への負担を軽減します。
その他症状の進行に合わせ強心剤、利尿剤、場合によって昇圧剤などを使用することも。

症状の度合いによってステージが分けられており定期チェックでステージを判断、そこに合わせ治療方針や使用するお薬の量を都度獣医師が判断します。

最も重度の状態まで進行した時は入院治療を行い、酸素吸入や点滴治療を進めていきます。
自宅で酸素吸入ができるよう在宅酸素を勧められることも。

また心臓専門の循環器系動物病院では心臓に人工弁をいれる手術を行っていることもあります。麻酔リスクや金銭的負担がありますが手術後の経過も順調に進むケースが多く、少しずつ外科的治療が新しい治療の選択肢として選ばれるようになってきています。

異物閉塞

異物閉塞時は速やかに動物病院にかかりましょう。
まずは閉塞している異物を取り出さなければいけません。

嘔吐を誘発させる、麻酔をかけ内視鏡で取り出す、内視鏡ではなく切開して取り出す、などの方法があります。

無理に引っ張って取り出すとかえって気管や食道を傷つけてしまうことがありますので注意が必要です。
またネット上で検索すると自宅で嘔吐させる方法が出てきますが独断で行うのは大変危険です。

緊急時はまず動物病院に電話し対処方法を仰いでくださいね。

自宅でできるケア方法は?

ワンちゃんの咳症状は遺伝子的になりやすい病気からきているものも多く自宅でできる予防やケア方法は限られます。

ただ以下のようなポイントを押さえることで症状が落ち着く、楽になる事もありますので試してみましょう!

  • 太りすぎないようにする
  • 加湿する
  • 首輪ではなくハーネスに変える
  • 運動量をコントロールする
  • 自宅内の温度変化に注意する

まとめ

いかがでしたか?
ワンちゃんのお咳は原因も様々です。

また病気が原因になっている場合はできるだけ早い段階から治療をスタートすることがシニア期のQOL向上に繋がっていきます。

対症療法しかなかった疾患でも最近では治療の選択肢が広がりつつあります。
まずは様子を見ず、一度動物病院を受診なさってくださいね。

咳き込む様子を動画撮影し獣医師に確認してもらうとよりスムーズに診断がつくかと思います。

呼吸器疾患や循環器疾患は専門の動物病院でのほうがより高度な治療を受けることができます。診断を受けたうえで呼吸器の二次診療を受けるかどうか検討していきましょう。

遠慮せずかかりつけの獣医師にご相談なさってみてくださいね。

ABOUT US
山本 星海hoshimi0505
この記事を書いた人(旧姓:渡邊) 保有資格:小動物看護士/ペット販売士/トリマーB級/ハンドラーC級/訓練士補/二級愛玩動物飼育管理士/動物取扱責任者/犬の管理栄養士(※資格名を押すと証明書が見れます。) 第一種動物取扱業:第225818003号 保管 動物取扱責任者:山本星海 JKC公認トリマー養成機関で2年犬に関する様々な知識や技術を学び、多数の資格をとる。トリミングサロンStar seaを経営しながらドッグフードベストわんっ!を運営。 詳しいライター情報はこちら
100種類以上を調査・比較!
おすすめのドッグフード20選!
100種類以上を調査・比較!
おすすめのドッグフード20選!