国産ドッグフードのおすすめランキング5選!動物看護師資格持ちが厳選しました【2021年最新版】

私たちは食品や家電を買う際、産地やメーカーなどを気にして購入しますよね。日本人が国産を選ぶ理由として「安全であるから」がもっとも多い回答とされています。

私たちが自然に国産を選びたくなるのは、日本が品質管理を徹底している国だからです。同様に家族の一員である愛犬にも安心で安全なドッグフードを食べさせたいと思う飼い主さんは多いでしょう。

しかし国産のドッグフードは全て安全と言えるのでしょうか。

外国産と何が違うの?食材は全て国産なの?と様々疑問を持ったままドッグフードを選択するよりもしっかり知識を得て購入したほうが安心して愛犬に与えることができます。

ここでは国産の中でも特におすすめしたいドッグフードを小動物看護士や二級愛玩動物飼育管理士などの資格をもち、トリミングサロンを経営している私が紹介していきます。

国産ドッグフードと外国産ドッグフードの違い

国産と外国産の違いは最終的に加工された場所になります。

例えば8割外国産の食材が使用されることがあっても、作られているのが日本なら国産になってしまいます。なので原材料の産地とフードの原産国は必ずしも一致しないことを知っておいてください。

ちなみにフードのパッケージに原材料の産地は記載されてないことの方が多いです。

海外産のほうが法律が厳しい

また海外は日本に比べてペット先進国なので、日本より厳しいチェックが行われているところもあります。

ですので国産だから安全というわけではないのですが、国産でも良質なドッグフードはいくつもあります。

国産だから買うのではなく、しっかりと内容を見てドッグフードを選びましょう。

小粒でタンパク質が低めのドッグフードが多い

室内で小型犬を買う人が多いので、必然的に小型犬に合ったドッグフードが多いです。私のトリミングサロンでも「チワワ」や「トイプードル」が多く大型犬を飼っている人は少数です。

小型犬ようにドッグフードの粒が小さいものが多く、また、室内飼いで運動量を多く確保できないためカロリーや脂質、タンパク質などが控えめになっています。

もちろん大型犬用のドッグフードもあるので、愛犬の犬種や運動量などを考えてドッグフードを選びましょう。

国産ドッグフードの方が新鮮なの?

外国産のドッグフードは夏場だと炎天下の中コンテナなど入れられたうえに、長い海を渡り日本に輸入されてきます。

高温の状態にさらされたフードの品質を悪化させてしまう可能性も否定できません。

実際に「海外産フードの粒の色が変」「開けた瞬間嫌な匂いがして心配」などの口コミを見かけることも。

せっかくいいお肉や新鮮な食材を使用していても輸入の際の品質劣化を知ることは難しいでしょう。

外国産全てのフードがそのようなことはなく安全に運ばれていることの方が多いですが、国産のフードはその心配がありません。

公式サイト以外での購入は注意しよう!

メーカーがしっかりと契約した「正規輸入」は注文状況により仕入れされるので、新鮮なものが発送されることが多いです。

しかしAmazonや楽天などでメーカーを通していない「並行輸入品」は賞味期限が近いものや品位が悪いものがあるので気を付けて下さい。

基本!ドッグフードの選び方

ドッグフードにはそれぞれ目的に合った種類があるため、まずは愛犬にどのような目的で与えるのかを明確にする必要があります。

総合栄養食のドッグフードを選ぶ

今回ご紹介するドッグフードは主に国産なので、総合栄養食に限らせていただきます。 総合栄養食はペットフード公正取引協議会の分析試験や給与試験を合格しなければ、パッケージに「総合栄養食」と表示することはできません。

  • 総合栄養食→フードと水だけで成長に合った栄養が摂れるフード
  • 間食→おやつ・ご褒美
  • 療法食→病気や栄養の補充目的のフード
  • その他目的食→おかずやサプリメント

総合栄養食以外を毎日与えると成長段階に応じた栄養素が足りない場合があります。

 

【ヨーロッパ産のドッグフードには総合栄養食って書いてない?】

日本はAAFCO(米国飼料検査官協会)の基準を採用していますがヨーロッパはFEDIAF(欧州ペットフード工業連合会)の基準を採用しています。

AAFCOとFEDIAFの検査の基準が違うのでヨーロッパ産のドッグフードの中には総合栄養食と書かれていないドッグフードも存在します。

FEDIAF(欧州ペットフード工業会連合)のガイドラインに基づいて生産されたフードであれば総合栄養食に準ずると言えるでしょう。

 

良質な原材料のものを選ぶ

口コミや安全性などで選びがちなドッグフードですが、まず最初に確認してもらいたいのが原材料です。今まで様々なドッグフードを調査してきた私が抑えておきたい原材料のポイントを3つまとめてみました。

  • お肉が主な原材料になっていること。
  • 穀物が主原料になっていない。
  • 人間が食べられるような食材を使っている

 

穀物は安く、かさ増ししやすい点から市販で販売されているドッグフードには穀物が1番多く使用されています。また穀物は犬の消化に負担がかかる、アレルギーを引き起こしやすい食材ともいわれています。

お肉が沢山使用されているフードを選ぶことで、より安全で美味しく食べてくれるドッグフードを見つけることができるでしょう。

また、原材料は人間が食べれるレベルの食材を使っているドッグフードを選びましょう。

余分な添加物が入っているものは避ける

また添加物をなるべく避けたドッグフードを選ぶことも大切になってきますね。ドッグフードには匂いや味を添加物で足しているものもありますが、添加物は涙やけなどの原因にもなります。

自然本来の味でも美味しく食べてくれるドッグフードは沢山あるので、愛犬の身体のことを考えても添加物は避けたほうが良いでしょう。

  • 着色料や香料、保存料がなるべくはいっていないこと。
  • 酸化防止剤などが天然由来もの。

【無添加ドッグフードは全て食材だけで作られているの?】

無添加と言っても、原材料のすべてが食材だけで作られているドッグフードはほとんどありません。ドッグフードには栄養バランスを考えてビタミン・ミネラル類が添加されることがあります。その他、適切に保存ができるための保存料など、品質の高いドッグフードでも使用されている添加物もあります。

※少量の添加物が使用されていても、ドッグフードのパッケージには無添加と記載できてしまうので注意してください。

国産ドッグフードランキング5選

※ドッグフードは全て実際に購入して調査しています。

1位うまかドッグフード

うまかドッグフードのパッケージ
価格【初回購入】3,278円(税込み)
【通常価格】5,478円(税込み)
【定期購入】4,930円(税込み)
内容量1.5㎏
対応年齢全年齢
原産国日本
特徴合成添加物不使用/着色料・香料不使用/小麦グルテンフリー/ノンオイルコーティング/ヒューマングレード/九州産の華味鶏という鶏肉を使用/ビフィズス菌、オリゴ糖配合
公式サイトhttps://starsea.jp/dogfood-best-one/link-umaka

「うまか」は九州の有名な水炊き料亭「博多華味鳥」が作っている総合栄養食の国産ドッグフードです。

安全面では人間の工場と同じ基準のGMP認定・ISO22005認証・HACCP認証!

着色料、香料、合成添加物など愛犬にとって必要のない添加物は使用しておらず飼い主も安心してあたえることができます。

九州産の華味鶏が使用されており、水炊きと同様に出汁のいい香りがします。ワンちゃんにも私たちと変わらず美味しい食事をしてもらい飼い主さんにはおすすめのドックフードです。

\初回限定40%オフ!/

2位このこのごはんドッグフード

このこのごはんドッグフードのパッケージ
価格初回限定3,278円(税込み)
通常価格3,850円(税込み)
定期コース3,278円(税込み)
内容量1kg
対応年齢全年齢対象
原産国日本
特徴オイルコーティングなし/小麦グルテンフリー/保存料不使用/ヒューマングレード
公式サイトhttps://starsea.jp/dogfood-best-one/link-konokonogohan

このごはんは人間基準で作られおり香料、保存料、着色料などの添加物は不使用!栄養バランスをしっかり考えたうえ、高タンパク・低脂肪のフードになっています。

その中でもこのこのごはんに使用されている「モリンガ」は様々な栄養素を含んでおり、近年注目されているスーパーフードです。

ワンちゃんには贅沢なフードかもしれませんが、毎日与える食事なので健康を第一に考えている飼い主さんにはおすすめですよ。

3位ココグルメドッグフード

ココグルメドッグフードのパッケージ
価格初回限定50%オフ2,948円(税込み)
通常購入5,885円(税込み)
定期購入4,708円(税込み)
内容量1.6㎏
対象年齢全年齢対象
原産国日本
特徴着色料・香料・保存料不使用/ヒューマングレード/グレインフリー/グルテンフリー
公式サイトhttps://starsea.jp/dogfood-best-one/link-coco-gourmet

新感覚!手作りドッグフードの「ココグルメ」

ココグルメの最大の特徴は、食材の全てが国産で作られているところです。これぞTHE国産!と言えるフードだと私は思います。

最近では手作りのドッグフードを与える飼い主さんも多いと思いますが、このフードは解凍するだけの簡単調理です。高温加熱をしてないため栄養素がギュッとつまっており、食欲のないワンちゃんにもおすすめですよ。

4位ナチュロドッグフード

ナチュロルドッグフードのパッケージ
価格お試し100円
通常価格3,300円(税込み)
定期コース2,739円(税込み)
内容量850g
対応年齢全年齢対応
原産国日本
特徴安定持続型ビタミンC配合/グレイン、グルテンフリー/無添加
公式サイトhttps://starsea.jp/dogfood-best-one/link-naturol

ナチュロは良質なタンパク質を豊富に含んだ国産ドッグフードです。

なんと生肉比率55%以上!ワンちゃんの食いつきはSNSでも大人気です!

無添加なのはもちろんのこと、腸内環境を良くしてくれる乳酸菌やオリゴ糖、海藻使用されています。また世界初!持続性ビタミンCが配合されたドッグフードなので身体の内側のケアにも期待ができそうですね。

5位ドクターケアワンドッグフード

ドクターケアワンドッグフードのパッケージ
価格【初回限定】2,178円
【通常購入】3,300円
【定期購入】2,970円
内容量800g
対応年齢成犬用
原産国日本
特徴着色料香料不使用/合成添加物不使用/グルコサミン、コンドロイチン配合
公式サイトhttps://starsea.jp/dogfood-best-one/link-drcarewan

ドクターケアワンは九州産の鶏肉を使用した国産のドッグフードです。

多くの食材が国産であり、公式サイトにはしっかり産地が記載されているのも安心できますね。

また免疫力を保つと言われているアントシアニンなどの抗酸化成分を配合しており、ワンちゃんが健康でいられることを1番に考え作られています。

シニア犬にも嬉しい関節に良い成分も含まれていますがドクターケアワンは成犬用です。子犬には与えられないので購入の際は気を付けて下さいね。

迷ったら、うまかドッグフード!

なににしようと迷っていたら、うまかドッグフードをおすすめします。

私の家でも、うまかドッグフードをメインで与えており、愛犬もよく食べるし飼い主として商品に満足しています。

人間の私が「うまか」を食べて旨味を感じるくらいなので、犬が食べたらおいしいと感じないはずがないですよね。

うまかにするメリット】

  • 人間が食べるような食材を使用している(ヒューマングレード)。
  • 九州産の華味鶏というブランドの鶏肉が使われている。
  • 栄養価が高い。
  • 小型犬も食べやすい小粒タイプ。
  • 動物性たんぱく質が豊富に含まれている。
  • 着色料、香料、合成添加物、保存料が入ってない。
  • 余分な物をつかっていないので涙やけ改善に期待ができる。
  • 愛犬の食いつきがよい。
  • 国産で安心ができる。

デメリットがあるとしたらやはりほかのドッグフードと比べて値段が高めというところです。

愛犬にとにかく良いドッグフードを食べさせたという方におすすめです。

 

 

まとめ

いかがでしたでしょうか。このランキングでご紹介したドッグフードは私の愛犬が実際に食べており、その評価も含めさせてもらいました。

日本人の私たちは国産への安心感があり、家族として過ごしているワンちゃんにも安全なドッグフードを食べさせたくなりますよね。

しかし国産だからと言ってワンちゃんの好みは実際に食べさせてみないと分かりません。様々なドッグフードを試してみて愛犬に一番合うフードを見つけてみて下さいね。

おすすめする安全のドッグフードはこれ!ランキング10選!動物看護士資格を持つ私が厳選比較!【2021年最新版】
おすすめする安全のドッグフードはこれ!ランキング10選!動物看護士資格を持つ私が厳選比較!【2021年最新版】
「ドッグフードの種類が多すぎてわからない」 「愛犬に合ったドッグフードの選び方が分からない」 「口コミや評判、ドッグフードランキングサイトが本当なのか信用できな.....

参考文献・参考サイト

ABOUT US

渡邊 星海hoshimi0505
この記事を書いた人保有資格:小動物看護士/ペット販売士/トリマーB級/ハンドラーC級/訓練士補/二級愛玩動物飼育管理士/第一種動物取扱業登録/動物取扱責任者JKC公認トリマー養成機関で2年犬に関する様々な知識や技術を学び、多数の資格をとる。トリミングサロンStar seaを経営しながらドッグフードベストわんっ!を運営。 詳しいライター情報はこちら