アレルギー対策のドッグフード、おすすめランキング!動物看護士資格持ちが選びました。

ワンちゃんはペットの中でもアレルギーを起こしやすい動物です。アレルギーには、食物、ハウスダスト、皮膚のかゆみ、結膜炎など様々ありますが、どれも特定異物に対して身体が拒絶することを指します。

ワンちゃんのアレルギーを全て防ぐことは不可能ですが、食物アレルギーに関してはアレルゲンとなる食材を食べさせないことが基本です。

今回はアレルギー対策におすすめのドッグフードを、小動物看護士や二級愛玩動物飼育管理士の資格を持ちトリミングサロンを経営している私が紹介していきます。

 

アレルギー対策のドッグフードの選び方

アレルギーを発症してしまう原材料を把握しよう

まず初めに確認してほしいことが、愛犬の食物アレルギーの有無です。ドッグフードを与えた際に皮膚炎下痢になったことがあるワンちゃんは、何かしらの食物アレルギーを持っている可能性があります。

下痢は治まることがあれば一時的なものと考えても良いですが、皮膚炎は環境要因で起こるアトピー性皮膚炎もあるため、外観からの症状では判別がつきにくいです。

ワンちゃんの中には複数のアレルギーが混在していることもあるので、一概にどのアレルギーなのかを判断するには難しいでしょう。

また、何の食物がアレルギーになっているか確認してもらうには、病院でのアレルギー検査が必要となります。

愛犬の食物アレルギーを有無を把握して、フードの原材料からアレルギーの食材を食べさせないことが大切です。

犬のアレルギー検査は高額

アトピー性皮膚炎と食物アレルギーの違いは病院での検査が1番ですが、飼い主さんでも見極めれるポイントがあります。

  • アトピー性皮膚炎→季節性がある、関節の内側や脇の下に皮膚炎が出る。
  • 食物アレルギー →1年中起こる、目や口周り、背中に皮膚炎が出ることが多い。

全てのアレルギー検査を行うとお金が4~7万かかってしまうので、もしどちらかの症状に偏っている場合は検査を絞ってみることをおすすめします。

アレルギーを起こしやすいタンパク質に注意!

犬のアレルギーの主な原因はタンパク質と言われています。同じタンパク質ばかり摂取してしまうと特定の食べ物に対し抵抗が生まれ、アレルギーを引き起こす可能性もあります。

月に1回タンパク源を変えたドッグフードをローテーションしてあげるとよいでしょう。

食物アレルギーを発症しやすい食材の一覧

  • 肉類(牛肉、鶏、ラム)
  • 乳製品
  • 穀類(大豆、小麦、トウモロコシ)

ドッグフードでアレルゲンを特定できる?

原材料が少ないドッグフードや1種類のタンパク質のみで作られているドッグフードは、飼い主さん自身でアレルゲンを特定できる場合もあります。

時間はかかりますが、アレルギーを発症しやすい食材から試していくのがいいでしょう。

愛犬のアレルギーが出てしまうのが怖い飼い主さんは、魚メインのフードか比較的アレルギーが少ない馬肉や鹿肉を使用したドッグフードがおすすめです。

添加物はなるべく避ける

犬の食物アレルギーは食べ物以外の添加物で発症することがあります。

ドッグフードには栄養の補充目的のビタミン・ミネラルと言った栄養添加物と品質を保つための品質保持の添加物、食欲増進させる香料や着色料の添加物等、様々な添加物が使用されています。

その中でも香料、着色料などの人工添加物は食物アレルギーの原因になるので避けたほうがいいでしょう。また、アレルギー対策はもちろんのこと人工添加物は涙やけの原因にもなります。

使用上注意が必要な添加物についてはペットフード安全法で使用量が決められていますが、なるべく添加物が入っていないドッグフードを選ぶとよりいいですね。

【酸化防止剤について】

ドッグフードでは使用されている全ての食材や添加物を表示するように義務化されており、日本では酸化防止剤と保存料は別の食品添加物として取り扱われています。
添加物の1つ酸化防止剤は油脂成分が含まれているドッグフードの酸化を防ぐために欠かせない添加物です。

しかしドッグフードの中にはオイルコーティングをしていない酸化しにくいフードや酸化防止剤に天然由来のローズマリーを使用するなど工夫をしたフードが沢山あります。添加物をなるべく使用しないように会社が試行錯誤していることが分かりますね。

動物取扱責任者が選ぶアレルギー対策におすすめのドッグフードランキング!

上記ではアレルギー対策用のフード選び方をご紹介しましたが、ここからは独自に評価したおすすめのドッグフードをランキング形式でご紹介します。

愛犬の食物アレルギーを特定していなくても、ここではアレルギーに配慮したドッグフードのみをご紹介しています。
なお、低アレルゲンの食事に切り替えて1~2か月明確な改善がない場合は食物アレルギーじゃない可能性が高いです。

※ドッグフードは全て実際に購入して調査しています。

1位アランズナチュラル

アランズナチュラルドッグフードのパッケージ
価格通常購入4,356円(税込み)
定期購入3,920円(税込み)
内容量2kg
対応年齢全年齢
原産国イギリス
特徴グレインフリー/着色料、香料不使用/ラム肉/使用してる食材が少なくアレルギー対策におすすめ/添加物不使用
公式サイトhttps://starsea.jp/dogfood-best-one/link-aransnatural

アランズナチュラルはラム肉を贅沢に使用したイギリス産のドッグフードです。

アランズナチュラルは原材料が9種類のとてもシンプルな作りになっています。ラム肉を全体の40%使用しており、アレルギーになりやすい牛肉や鶏肉は一切含まれていません!

また乳製品や穀物も使用しておらず、人工添加物も一切使用していないためアレルギー対策にはおすすめのドッグフードです。

2位アカナ

アカナドッグフードのパッケージ
価格990円(340g)(税込み)
4,730円(2㎏)(税込み)
11,220円(6㎏)(税込み)
18,920円(11.4㎏)(税込み)
※種類によって内容量価格が変わります。
内容量340g,2kg,6kg,11.4kg
対応年齢全年齢対応
原産国カナダ
特徴高タンパク質/合成添加物不使用/着色料、香料不使用/魚メイン/
公式サイトhttps://starsea.jp/dogfood-best-one/link-acana

アカナは様々種類のフードが選択できるようになっています。その中でもアレルギー対策におすすめのフードが「アカナ パシフィックピルチャード」です。

こちらは天然のイワシをメインにしており、お肉があまり好きではないワンちゃんにもおすすめのフードになっています。栄養添加物以外にも整腸剤が添加されていますが、犬にとって全く問題のない添加物なので安心できますね。

※お肉が好きなワンちゃんにはラム用のドッグフードもあります。

3位モグキューブ

モグキューブドッグフードのパッケージ
価格【通常価格】 5,456円(税込み)
【定期価格】 4,910円(税込み)
内容量425g
対応年齢全年齢対応
原産国ニュージーランド
特徴ラム肉/フリーズドライ/人口添加物不使用/香料着色料不使用/グレインフリー
公式サイトhttps://starsea.jp/dogfood-best-one/link-mogcube

モグキューブはニュージーランド産の高級ラム肉を使用したドッグフードになります。

お肉は低アレルゲンのラム肉を使用しているので、アレルギーを発症しにくいことがモグキューブの特徴です。

モグキューブは熱を加えずに凍結して真空乾燥させるフリードライ製法で作られており、食材の栄養をそのまま摂取することができます。原材料もシンプルなのでアレルギー対策にはおすすめのドッグフードです。

4位ココグルメ

モグキューブドッグフードのパッケージ
価格初回限定50%オフ2,948円(税込み)
通常購入5,885円(税込み)
定期購入4,708円(税込み)
内容量1.6㎏
対象年齢全年齢対象
原産国日本
特徴着色料・香料・保存料不使用/ヒューマングレード/グレインフリー/グルテンフリー
公式サイトhttps://starsea.jp/dogfood-best-one/link-coco-gourmet

ココグルメは国産の食材のみを使用した新感覚の手作りドッグフードです。

2種類ありますが、アレルギー対策におすすめなのは「ポーク&ブロッコリー」になります。

お肉はアレルゲンになりにくい豚肉を使用。そして原材料もシンプルなのでアレルゲンを特定しやすいフードになっています。

ココグルメにはお試しコースがあるので、アレルギー対策のドッグフードに悩んでいる方が気軽に購入できるのも魅力の1つですね。

5位モグワン

モグワンドッグフードのパッケージ
価格通常購入4,356円(税込み)
定期購入3,920円(税込み)
内容量1.8kg
対応年齢全年齢対応
原産国イギリス
特徴高タンパク質/グレインフリー/着色料、香料、人工添加物不使用/ヒューマングレード
公式サイトhttps://starsea.jp/dogfood-best-one/link-moguwan

モグワンは私の愛犬も愛用しているイギリス産のドッグフードです。

モグワンには鶏肉が入っていますが、鶏肉が大丈夫なワンちゃんには是非おすすめしたいフードなのでランクインしました。他のタンパク源としては生サーモンを使用しており、オメガ3脂肪酸を摂取できるため内側から身体環境をよくしてくれます。

モグワンは穀物を一切使用していないグレインフリー&無添加!鶏肉がOKなワンちゃんのアレルギー対策にはおすすめです。

\今なら最大20%オフ!/

動物取扱責任者が選ぶアレルギー対策におすすめのドッグフードをご紹介しましたが、正直なところアレルギー対策のドッグフードは、試してみないと分からないことが多いです。なので、いくつかフードを試してみて合わない場合は、獣医さんと相談しながら決めていくことをおすすめします。

困ったときのコレ!アランズナチュラルをおすすめする理由とは

アランズナチュラルドッグフードのパッケージ

アランズナチュラルのおすすめポイント

  1. お肉は低アレルゲンのラム肉を使用している。
  2. 原材料は9種類のみ!
  3. アレルゲンを特定しやすい。
  4. グレインフリー(穀物不使用)である。
  5. 香料、着色料などの人工添加物不使用!
  6. サツマイモで腸内環境もバッチリ。

アランズナチュラルはグラスフェッドラム肉という栄養満点のお肉を使用しています。グラスフェッドラム肉とは放し飼いでストレスなく良質な牧草を食べて育った羊のお肉のことです。

そんな主原料のラム肉は低アレルゲンなので、アレルギー対策とは相性がバッチリだと思います。さらに原材料は9種類ととてもシンプル!犬にとって欠かせない栄養素のミネラルやビタミンはひよこ豆やレンズ豆から摂取できるように工夫されています。

そもそもアランズナチュラルはアレルギーを発症しやすい原材料を使用していないことが最大の魅力だと言えます。

アレルギー対策のドッグフードに迷っている方や気になった方は是非公式サイトをチェックしてみてくださいね。

アレルギー対策をしている市販のドッグフードはあるの?

気軽に市販で購入できるドッグフードを探している方にはロイヤルカナンがおすすめです!

緑色のワンちゃんが載っている袋を見かけたことはありませんか?ロイヤルカナンは犬種、年齢、病気別の様々なドッグフードを展開しており、日本でも有名なドッグフードです。

そのロイヤルカナンですが、食物アレルギーによる皮膚症状と消化器症状が出てしまうワンちゃん向けのフードがいくつかあるので、今回そちらご紹介します。

ロイヤルカナン アミノペプチド フォーミュラ ドライ

アミノペプチド フォーミュラ ドライはリスクが少ない「オリゴペプチド」というタンパク源を使用しています。また、食物アレルゲンを無くすための原材料や製造工程もしっかりしており、皮膚のサポートをする成分として複数の抗活性酸素物質カクテルが配合されているフードになります。

原材料
コーンスターチ、加水分解フェザーミール(アミノ酸およびオリゴペプチド)、コプラ油、大豆油、動物性油脂、植物性繊維、チコリー、フラクトオリゴ糖、魚油、マリーゴールドエキス(ルテイン源)、アミノ酸類(L-チロシン、L-リジン、DL-メチオニン、タウリン、L-トリプトファン、L-ヒスチジン)、ゼオライト、乳化剤(グリセリン脂肪酸エステル)、ミネラル類(K、Ca、P、Mg、Zn、Mn、Cu、Fe、Se、K、I)、ビタミン類(コリン、E、C、ナイアシン、B12、パントテン酸カルシウム、ビオチン、B6、B2、B1、A、葉酸、D3)、酸化防止剤(ミックストコフェロール、ローズマリーエキス)

ロイヤルカナン セレクトプロテイン

ロイヤルカナン セレクトプロテインは主なタンパク源に消化性が高くアレルギー反応の出にくいダックを使用。皮膚のバリア機能を維持しながら、腸内細菌バランスに良い可溶性食物繊維などを配合したドッグフードです。

原材料
タピオカ、ダック、植物性繊維、加水分解タンパク(鶏、七面鳥)、動物性油脂、ビートパルプ、魚油(ω3系不飽和脂肪酸(EPA/DHA)源)、サイリウム、大豆油、フラクトオリゴ糖、マリーゴールドエキス(ルテイン源)、アミノ酸類(L-チロシン、DL-メチオニン、タウリン、L-リジン)、ミネラル類(Cl、K、Na、P、Ca、Zn、Mg、Mn、Fe、Cu、Se、I)、ビタミン類(E、コリン、ナイアシン、C、パントテン酸カルシウム、ビオチン、B6、B2、B1 、A、葉酸、B12、D3)、保存料(ソルビン酸カリウム)、酸化防止剤(ミックストコフェロール、ローズマリーエキス)

☆これらのフードはアレルギーがすでに発症してしまったワンちゃんにもおすすめです。

アレルギー対策!サーモン用のドッグフードをご紹介

犬の食物アレルギーの統計では、お肉よりお魚の方がアレルギー反応が出にくいとされています。お肉のアレルギーが不安な方には、主なタンパク源がサーモンになっているドッグフードがおすすめです。

その中でもリニューアル後アレルギー対策がより強化された「ハロー 天然サーモン」を今回ご紹介したいと思います。

高タンパクで低脂肪なフードのハロー 天然サーモンはアメリカ産のドッグフードです。主なタンパク源のサーモンには良質な動物性タンパク質やオメガ3脂肪酸が多く含まれており、愛犬の健康をサポートするうえではかかせない食材の1つです。

また地球環境に優しい漁業に取り組んでおり、GAP認証をしています。

ハローはグレインフリー(穀物不使用)&小麦グルテンフリーですが、濃縮大豆タンパクや全卵を使用している為必ずアレルギーが起きないわけではありません。原材料を確かめたうえでのご購入をお願いします。

原材料
天然サーモン、天然ホワイトフィッシュ、レンズ豆、タピオカ、エンドウ豆、ジャガイモタンパク、サツマイモ、鶏脂、全卵、濃縮大豆タンパク、亜麻仁(オメガ6脂肪酸・オメガ3脂肪酸源)、ナチュラルフレーバー(加工醸造酵母)、ブルーベリー、クランベリー、ニンジン、バチルス・コアグランス発酵産物(バイオジェニックス)、イヌリン、タウリン、グルコサミン塩酸塩、ミックストコフェロール(酸化防止剤)、コンドロイチン硫酸、L-カルニチン、ビタミン類(A、D3、E、B1、B2、B6、B12、ナイアシン、パントテン酸、葉酸、ビオチン)、ミネラル類(カルシウム、リン、ナトリウム、クロライド、メチオニン、亜鉛、鉄タンパク質キレート、銅タンパク質キレート、マンガンタンパク質キレート、セレン、ヨウ素)

食物アレルギーでもおやつを与えたいときは

アレルギー対策のフードを与えている場合にはおやつにもアレルギー対策が必要です!

ドッグフードと同様、アレルゲンとなる食材が使用されていないおやつを選ぶとよいでしょう。

またクッキーにはアレルゲンとなる可能性がある小麦、卵、乳、そして砂糖やハチミツは含まれている可能性があります。しっかり原材料を確かめた上で購入しましょう。

アレルギーが出てしまったときの除去食療法とは?

除去食療法とはアレルゲン(特定の食材)とする食物を食べさせない食事療法です。この食事療法を行うと最低でも1~2ヶ月くらいにはワンちゃんのアレルギー症状が回復に向かうと言われています。

除去食療法は人間の食べ物やアレルゲンが入ったおやつなどを少しでも与えると全てが水の泡です。薬に頼らず食事だけでアレルギーを抑えるので、飼い主さんにとってもかなり根気のいる治療法になっています。

 除去食試験とは】

食物アレルギーはワンちゃんが今まで食べたことのある食べ物の抗体を作り出して発症してしまいます。過去に食べたことのない食材を与えてアレルギーの有無を確認する試験を除去食試験と言います。

アレルゲンと思われる前の食事に戻しアレルギー症状が出てしまえば元の食事がアレルゲンの原因となります。

 

まとめ

今回はアレルギー対策のドッグフードをご紹介していきました!

声を発せないワンちゃんとってはアレルギーによって引き起こされる痒みも下痢の辛さも訴えることはできません。犬のアレルギーは食物に限らず環境によっても起こってしまう場合がありますが、ドッグフードで予防や改善していくことも可能です。

少しでも愛犬に快適な人生を送ってもらうために今一度ドッグフードを見直してみてはいかがでしょうか。

おすすめする安全のドッグフードはこれ!ランキング10選!動物看護士資格を持つ私が厳選比較!【2021年最新版】
おすすめする安全のドッグフードはこれ!ランキング10選!動物看護士資格を持つ私が厳選比較!【2021年最新版】
「ドッグフードの種類が多すぎてわからない」 「愛犬に合ったドッグフードの選び方が分からない」 「口コミや評判、ドッグフードランキングサイトが本当なのか信用できな.....

参考文献・参考サイト

ABOUT US

渡邊 星海hoshimi0505
この記事を書いた人保有資格:小動物看護士/ペット販売士/トリマーB級/ハンドラーC級/訓練士補/二級愛玩動物飼育管理士/第一種動物取扱業登録/動物取扱責任者JKC公認トリマー養成機関で2年犬に関する様々な知識や技術を学び、多数の資格をとる。トリミングサロンStar seaを経営しながらドッグフードベストわんっ!を運営。 詳しいライター情報はこちら