無添加ドッグフードのおすすめランキング!動物看護士資格持ちが選びました。

ドッグフードによく含まれる余分な添加物、愛犬のことを考えるとできるだけ避けたいですよね?

添加物の中には体に害を及ぼすような危険な添加物もあります。

私も愛犬のために無添加、天然添加物のドッグフードを選び、合成添加物や着色料、香料が含まれているドッグフードはやめています。

今回は無添加の安全なドッグフードを動物取扱責任者の私がランキング形式で紹介していきます!

添加物とは?

ではそもそも添加物というのはどういうものなのか?説明していきます。

ドッグフードの添加物というのは保存料や香料、着色料のことを大まかに指します。

無添加というのは実はすごく曖昧な基準で、例えば着色料を使っているが、保存料は使っていない、これで「無添加」とパッケージに記載しても法的には問題ないそうです。

え?着色料を使ってるのに?!と思いますが、これが実態です。

そこでドッグフードベストわんっ!ではパッケージにある無添加という言葉は信じずに、原材料をしっかりと見て判断をしていきたいと思います。

添加物は全て危険?

添加物が入ってるから絶対にダメ!ということはありません。
添加物にも種類があり、安全なもの、あまり好ましくないものと違いがあります。

避けた方がいい添加物

避けた方がいい添加物は合成添加物、着色料、香料などです。

着色料

ドッグフードに着色料が使われている場合があります。

しかし、犬は目がそれほど優れているわけではなく色の見え方も人間と違います。

ドッグフードの着色料とは犬のためにはあるのではなく、我々人間がおいしそうに見えるからという理由で色がつけられているのだと思います。

実際に食べる愛犬には着色料は不必要なので、着色料の入っているドッグフードは避けましょう。

香料

香料は匂いをつけて食いつきをよくするために使います。

実際に犬は匂いによって嗜好性が変わるので確かに効果はあると思います。

しかし、いいドッグフードならば、香料という添加物に頼らずとも、いい原材料を使ったドッグフードならば自然といい匂いになります。

香料も愛犬にとっては不要なので避けましょう。

人工添加物

合成添加物は人工的に作られた添加物のことを指します合成添加物の使用は避けましょう。
避けたほうがいい添加物はこちらです。

香料匂いをつけるための物
着色料赤色2号や黄色4号など○色○号といった着色料
酸化防止剤エトキシン・
、BHA(ブチルヒドロキシアニソール)、BHT(ブチルヒドロキシトルエン)
発色剤亜硝酸ナトリウム

合成添加物とは人工的に作られた添加物ですが、天然添加物という天然由来の添加物があります。

ドッグフードを選ぶときは合成添加物ではなく天然添加物を選びましょう。

合成添加物一覧

天然添加物一覧

食品添加物については、下記のような方法で安全性を確認しています。

食品添加物の安全性評価は、リスク評価機関である食品安全委員会が行います(食品健康影響評価)。具体的には、動物を用いた毒性試験結果等の科学的なデータに基づき、各食品添加物ごとに、健康への悪影響がないとされる「一日摂取許容量」(ADI)が設定されます。

厚生労働省

酸化防止剤はほとんどのドッグフードが入っているものだと理解する

ほとんどのドッグフードに油が使われております。
油は酸化しやすくそれを防ぐためにはどうしても酸化防止剤が必要となってきます。

動物性油脂は植物性油脂より酸化しやすくお肉がふんだんにつかわれている高品質なドッグフードこそ酸化をしっかりと防がないといけません。

しかし酸化防止剤は、天然由来の天然添加物を選びましょう。

自然添加物の酸化防止剤

  • ミックストコフェロール
  • ローズマリー抽出物
  • ビタミンE

無添加のドッグフードおすすめ10選!

ここで紹介するドッグフードは無添加、または酸化防止剤が天然物である物の中から高品質な商品をランキング形式で紹介します。
十分な栄養をとれるために入れるビタミンやミネラルなどの栄養添加物は入ってるものとします。

※50種類以上のドッグフードを全て実際に購入して調査しています。

1位うまかドッグフード

うまかドッグフードのパッケージ
価格【初回購入】3,278円(税込み)
【通常価格】5,478円(税込み)
【定期購入】4,930円(税込み)
内容量1.5㎏
対応年齢全年齢
原産国日本
特徴合成添加物不使用/着色料・香料不使用/小麦グルテンフリー/ノンオイルコーティング/ヒューマングレード/九州産の華味鶏という鶏肉を使用/ビフィズス菌、オリゴ糖配合
公式サイトhttps://starsea.jp/dogfood-best-one/link-umaka

「うまか」は九州の有名な水炊き料亭「博多華味鳥」が作っている総合栄養食の国産ドッグフードです。

着色料、香料、保存料、酸化防止剤、全て入っておらず必要のない添加物は一切入っていません。

主原料には九州産の華味鶏というブランドの鶏肉が使われており、出し汁のいい香りがします。食いつきがよく愛犬家から人気のあるドッグフードです。

私も実際に食べましたが、旨味を感じる味で、人間がおいしいと感じるのに犬がおいしいと感じないわけがないと思いました。

安全面に関してもしっかりしており、GMP認定、ISO認証、HACCP認証を取得をしている食品工場で衛生面や品質面について厳しくチェックしながら作られています。

2位モグワン

モグワンドッグフードのパッケージ
価格通常購入4,356円(税込み)
定期購入3,920円(税込み)

ドッグフードベストわん特別価格!今なら初回50%オフ2,178円(税込み)

内容量1.8kg
対応年齢全年齢対応
原産国イギリス
特徴高タンパク質/グレインフリー/着色料、香料、人工添加物不使用/ヒューマングレード/食いつき◎/目元キレイを維持
公式サイトhttps://starsea.jp/dogfood-best-one/link-moguwan

モグワンには香料や着色料、合成添加物は使われておりません。
酸化を防ぐローズマリーエキスが入っています。

さらにモグワンは安全性も素晴らしく、製造工場はPFMA(イギリスペットフード工業会)に加盟しており、ヒューマングレードで人間が食べているようなお肉を使用しています。

PFMAは欧州ペットフード工業会連合(FEDIAF)に加盟しており第三者による監査もありポイントが高いです。

原材料としてメインに使われているのはチキンとサーモンでお肉が一切つかわれていないドッグフードもある中、お肉がふんだんにつかわれていて、動物性たんぱく質が豊富に含まれています。

今ならドッグフードベストわん!からの購入で初回50%オフ!

3位このこのごはん

このこのごはんドッグフードのパッケージ
価格初回限定3,278円(税込み)
通常価格3,850円(税込み)
定期コース3,278円(税込み)
内容量1kg
対応年齢全年齢対象
原産国日本
特徴オイルコーティングなし/小麦不使用/保存料不使用/ヒューマングレード/きれいな目元をキープ/国産/低脂肪/食いつき◎
公式サイトhttps://starsea.jp/dogfood-best-one/link-konokonogohan

このこのごはんに含まれている良くない添加物はありません。

香料や着色料、保存料、酸化防止剤全て入っておらず、安心して愛犬に与えることができます。

グレインフリーで消化にも良く様々な食材がふんだんにつかわれており、栄養価もとても高いです。

食いつきもよく人気のドッグフードです。

4位ブッチ

ブッチドッグフードのパッケージ
価格初回限定3種3本で3,000円(税込み)
通常価格1本1,430(税込み)
内容量800g,2kg
対応年齢全年齢対応
原産国ニュージーランド
特徴人工添加物不使用/グルテンフリー/水分含有量70%/とても食いつきが良い
公式サイトhttps://starsea.jp/dogfood-best-one/link-butch

ブッチドッグフードは着色料、香料、酸化防止剤までもが不使用です。
しかし凝固剤としてカラギーナンなどが使用されています。

ウェットフードを固めて形を保つためにつかわれているこの添加物なのですが、一時期発がん性があると話題になったのですが、猿や犬、猫のような動物では同じような結果は認めておらずげっ歯類だけのようです。

無添加ドッグフードランキングで正確にはランクインさせてはいけないのかもしれませんが、安全性が認められていることと、愛犬がとても喜んで食べてくれること、栄養価も高く素晴らしいことを理由にランクインしました。

私の愛犬は白内障でほぼ失明してしまい、走り回って遊べなくなってしまったのですが、ブッチを食べるときはとても喜んで食べてくれるので飼い主としてもほんとにありがたいドッグフードです。

ブッチを食べて愛犬の喜ぶ姿を見ると、個人的には1番与えてよかったと思えるフードです。

5位アカナ

アカナドッグフードのパッケージ
価格1,210円(340g)(税込み)
5,500円(2㎏)(税込み)
13,200円(6㎏)(税込み)
※種類によって内容量価格が変わります。
内容量340g,2kg,6kg
対応年齢全年齢対応
※年齢によって種類を選ぶ必要あり
原産国カナダ
特徴高タンパク質/合成添加物不使用/着色料、香料不使用
公式サイトhttps://starsea.jp/dogfood-best-one/link-acana

アカナドッグフードは香料、着色料は使われておりません。
酸化防止剤としてローズマリーの成分などが使われております。

アカナはとにかく新鮮で安全を売りにしており、私はドッグフード加工前の食材を見たことあるのですが、どれもしっかりと食材を使っており粉末などなにかわからないものは少なかったです。

またアカナの社員さんはドッグフードの原材料でお昼ご飯を作ってもらったことがあり、おいしかったと話してました。

5位 シュプレモドッグフード

シュプレモドッグフードのパッケージ
価格1kg 1866円(税込み)
3kg3,859円(税込み)
6kg 7,353円(税込み)
※Amazonの場合
内容量1kg,3kg,6kg
対応年齢全年齢対象(種類によって異なる)
原産国アメリカ
特徴高タンパク質/種類が豊富/香料着色料不使用
公式サイトhttps://nutro.jp/dogfood/supremo/

シュプレモドッグフードは香料、着色料は不使用です。
酸化防止剤はミックストコフェロール、ローズマリー抽出物、クエン酸が使用されています。

原材料は顔を合わせて信頼のできる生産者から買うなどこだわりが見えます。
製造や輸送に関してとても厳しく管理しており私は安心できます。

口コミもよく人気のドッグフードです。

しかし、3回ほど問題を起こしてリコールになっているので気になるという方はやめておいたほうがいいでしょう。

6位 カナガン

カナガンドッグフードのパッケージ
価格定期購入3,920円(税込み)
通常購入4,356円(税込み)
内容量2kg
対応年齢全年齢対応
原産国イギリス
特徴穀物不使用/ヒューマングレード/高タンパク質/人工添加物不使用
公式サイトhttps://starsea.jp/dogfood-best-one/link-canagan

カナガンは着色料、香料や酸化防止剤は使用していません。
酸化を防ぐ効果のあるビタミンEが入っています。

グレインフリーで消化にも優しく、腸内環境を整えやすいです。

84.2%の獣医師がカナガンを「優れた栄養バランスであることを納得」と回答しており獣医師がカナガンを見ても栄養的に優れているようです。

安全性も欧州ペットフード工業会連合(FEDIAF)の厳しい基準をクリアしており、安心して愛犬に与えられるドッグフードです。

7位 ファインペッツ

ファインペッツドッグフードのパッケージ
価格1.5㎏の場合
初回限定1,100円(税込み)
通常購入3,142円(税込み)
定期購入で10%オフ
内容量1.5㎏.4㎏.8㎏.16㎏
対象年齢全年齢対象
原産国オランダ
特徴合成酸化防止剤・防腐剤不使用
公式サイトhttps://starsea.jp/dogfood-best-one/link-finepets

ファインペッツは着色料、香料や酸化防止剤は使用しておりません。

ファインペッツは25年以上の歴史を持つオランダのドッグフードです。
人間が食べることができるレベルの原材料しか使用せず、主原料の割合のうち80%がアレルギー性の低い鹿肉、鶏肉、鮭肉となっています。

我が家でも一時期愛犬が食べており、試してきたドッグフードの中でも食いつきがよく愛犬も満足そうでした。

しかし、パッケージの気密性が低いのと、カロリーが他のドッグフードと比べてやや高めなので、肥満気味の愛犬には注意してください。

8位  オリジン

オリジンドッグフードのパッケージ
価格1,265円(340g)(税込み)
5,280円(2kg)(税込み)
11,770円(5.9kg)(税込み)
19,800円(11.3kg)(税込み)
※オリジンオリジナルの場合
内容量340g,2kg,5.9kg,11.3kg
対応年齢全年齢対応
原産国アメリカ
特徴高タンパク質/ヒューマングレード/グレインフリー
公式サイトhttps://starsea.jp/dogfood-best-one/link-orijen

オリジンドッグフードは着色料、香料は使用しておりません。
酸化防止剤としてミックストコフェロールが使用されています。

オリジンはタンパク質の割合が38%もあり、他のドッグフードに比べて高たんぱくなアメリカ産ドッグフードです。

アカナドッグフードと姉妹ブランドであり、同じく原材料のこだわりが強く新鮮なものだけを使い自社の工場で生産しています。

オリジンオリジナルですと粒が大きめですので、小型犬はオリジンスモールブリードがおすすめです。

9位 ハッピードッグフード

ハッピードッグフードのパッケージ
価格275円(80g)
1,045円(300g)
2,200円(1㎏)
7,040円(4㎏)
※ミニアダルトの場合
内容量80g.300g.1㎏.4㎏
※ミニアダルトの場合
対応年齢全年齢対象
※種類によって異なる
原産国ドイツ
特徴種類が豊富/グレインフリー/着色料香料不使用/合成添加物不使用
公式サイトhttps://starsea.jp/dogfood-best-one/HAPPYDOG-link

ハッピードッグフードは着色料、香料は使用されていません。
酸化防止剤として天然由来のトコフェロールが使用されています。

ハッピードッグフードは約50年の歴史を持つドイツ産のドッグフードです。

ヨーロッパ特有のドッグフードの製造基準の厳しさを兼ね備え、ヒューマングレードの食材を使用し、安全性はとても高いドッグフードです。

インターペッツの展示会でハッピードッグフードの社員さんの話を伺いましたが、種類も豊富でそれぞれのこだわりを教えてくださいました。

愛犬にピッタリのドッグフードがあるかもしれません。

10位 ナチュロル

ナチュロルドッグフードのパッケージ
価格お試し100円
通常価格3,300円(税込み)
定期コース2,739円(税込み)
内容量850g
対応年齢全年齢対応
原産国日本
特徴安定持続型ビタミンC配合/グレイン、グルテンフリー/無添加
公式サイトhttps://starsea.jp/dogfood-best-one/link-naturol

ナチュロルドッグフードは着色料、香料は不使用です。
酸化防止剤としてではないと思いますが、ビタミンCが酸化防止の役割を果たしています。

ナチュロルドッグフードは世界初、安定・持続型ビタミンCというのを売りにしています。
このビタミンCが健康を内側からサポートしつつ酸化防止剤としての役割もあるという優れものです。

添加物は入れない100%無添加と公式サイトに書かれていますが、これはビタミンCは一応添加物なのでは?とも思いますが、健康には全く問題にはならず、むしろ良いのでよしとしましょう。

まとめ

少しでも愛犬には人工的に手を加えてない自然なものを食べさせたいという声が多いので無添加ドッグフードを紹介しました。

良いドッグフードを食べて、健康的に愛犬との生活を楽しみましょう。

おすすめする安全のドッグフードはこれ!ランキング10選!動物看護士資格を持つ私が厳選比較!【2021年最新版】
おすすめする安全のドッグフードはこれ!ランキング10選!動物看護士資格を持つ私が厳選比較!【2021年最新版】
「ドッグフードの種類が多すぎてわからない」 「愛犬に合ったドッグフードの選び方が分からない」 「口コミや評判、ドッグフードランキングサイトが本当なのか信用できな.....

参考文献・参考サイト

ABOUT US

渡邊 星海hoshimi0505
この記事を書いた人保有資格:小動物看護士/ペット販売士/トリマーB級/ハンドラーC級/訓練士補/二級愛玩動物飼育管理士/第一種動物取扱業登録/動物取扱責任者JKC公認トリマー養成機関で2年犬に関する様々な知識や技術を学び、多数の資格をとる。トリミングサロンStar seaを経営しながらドッグフードベストわんっ!を運営。 詳しいライター情報はこちら