【穀物不使用!】グレインフリーキャットフードのおすすめランキング5選!動物取扱責任者が厳選して選びました

グレインフリーキャットフード

キャットフードでネット検索をすると「グレインフリー」の文字見かけることはありませんか?

グレインフリーとは穀物を使用していないことを指します。しかし、猫ちゃんにどのように関係しているのか分からない方も多いのではないでしょうか。

グレインフリーキャットフードは猫ちゃんにとってメリットしかありません。

そこで今回は、動物取扱責任者の私がグレインフリーの魅力を解説しながら、おすすめのグレインフリーキャットフード5選をご紹介していきたいと思います。

この記事を書いた人(旧姓:渡邊)

保有資格:小動物看護士/ペット販売士/トリマーB級/ハンドラーC級/訓練士補/二級愛玩動物飼育管理士/第一種動物取扱業登録/動物取扱責任者(※資格名を押すと証明書)

JKC公認トリマー養成機関で2年犬や猫に関する様々な知識や技術を学び、多数の資格をとる。トリミングサロンStar seaを経営。
詳しいライター情報はこちら

キャットフードになぜグレインフリーが選ばれるのか?

キャットフードにグレインフリーが選ばれるポイントとして2つ理由があります。

グレインフリーを選ぶ理由

  1. 猫の胃腸に負担をかけない
  2. 穀物アレルギーに猫におすすめ

ネコ科のライオンがお肉を食べているように、猫は本来肉食動物です。猫が穀物の消化が苦手だと言われているのは、昔の由来が関係しているからだと言われています。

販売されている穀物入りのキャットフードは加熱や加圧処理がきちんとされているため、猫ちゃんも安全に食べることができますが、穀物を過剰に摂取するのは良くありません。

また、穀物アレルギーを持っている猫ちゃんにはグレインフリーのキャットフードを選ぶことで、アレルギーの発症をおさえるメリットもあります。

グレインフリーのキャットフードは穀物を使わないぶんお肉や魚がメインなので、やや値段は高くついてしまいがちです。しかし猫ちゃんの健康を考えるのならグレインフリーのフードが最適と言えます。

おすすめのグレインフリーキャットフードを選ぶ調査基準

ここでは私がどのようにおすすめのグレインフリーキャットフードを選ぶのかを説明していきます!

私がグレインフリーキャットフードを選ぶ際に重要だと思う基準を3つ作りました。この3つを参考におすすめのキャットフードを選んでいきます。

グレインフリーキャットフードを選ぶ際の重要ポイント
  • 穀物が不使用。
  • 人工添加物も不使用。
  • 年齢に合わせて選ぶ。
実際に購入して調査したキャットフード

※全て購入して調査しています。

  • カナガンチキン
  • カナガンサーモン
  • カナガンデンタル
  • ジャガー
  • ハッピーキャット
  • オールウェル
  • アーテミス
  • ハロー
  • ロイヤルカナン
  • セレクトバランス
  • メディファス
  • モグニャン
  • ピュリナワン
  • 犬猫生活
  • ニュートロ
  • モンプチ
  • ねこ元気
  • 銀のスプーン
  • ビューティープロ
  • アイムス
  • デリッシュレシピ
  • ルナ
  • ラシーネ
  • ミャウミャウ
  • 和の極み
  • すごい乳酸菌クランキー
  • プライムレシピ
  • シーバ
  • サイエンスダイエット
  • 懐石
  • カルカン
  • キャネット

グレインフリーキャットフードの基本は穀物不使用!

グレインフリーキャットフードは穀物が使用されていないキャットフードを選びます。

安価なキャットフードにはトウモロコシや米などの穀物が主原料となっているものがあります。キャットフードに穀物が入っているからといって害があるわけではないのですが、多すぎる穀物は猫ちゃんの胃腸に負担をかけるのでおすすめしません。

グレインフリーキャットフードには主原料としてお肉やお魚が使用されることが多いです。たくさんのタンパク質を必要としている猫ちゃんにとってお肉やお魚は大事なエネルギー源になります。

お肉かお魚どちらをメインにしようか悩んでいる方は、猫ちゃんが良く食べてくれる方にしてあげましょう。お肉やお魚の種類が書かれているキャットフードは信頼できるため、情報開示がしっかりできているキャットフードを選んでいきます。

人工添加物を使用していないものを選ぶ!

猫ちゃんの健康を第一に考え、添加物を使用しないフードを選びます。

人間でも無添加やオーガニックなど自然本来の食事が好まれるようになってきました。添加物はなるべく取らない方が健康に良いという考えからですね。

しかしキャットフードの栄養素に欠かせないビタミンやミネラルなどの栄養添加物ならば、全く問題ありません。

添加物の中でも人工添加物と言われる「着色料、香料、保存料」などを控えることが大切です!

酸化防止剤は天然由来を選ぼう

キャットフードは多く脂質を使うため、とても酸化しやすくなっています。

酸化防止剤はフードの酸化を防ぎ品質を保つには欠かせない添加物ですが、中には発がん性のリスクを高めてしまうものもあるため、なるべく避けた方がいいでしょう。

もし酸化防止剤を使うキャットフードを選ぶ際は、天然由来の「ローズマリー抽出物や緑茶抽出物」などを使用しているフードがおすすめです。

子猫やシニア猫など年齢に合わせて選ぶ!

年齢によって必要な栄養素やエネルギーは違ってくるので、ライフステージに合ったフードを選択する必要があります。

子猫には栄養素が高い子猫用、シニア猫には腎臓に負担のかからないシニア猫用など、年齢に合ったフードは幼猫期や超高齢の猫ほど大事です。

年齢に合わせたフードも良いですが、全年齢対応のフードは栄養バランスを考えて作られているため、子猫やシニア猫に与えても問題ありません。

年齢だけではなく、避妊去勢手術のあとのもフードを切り替えるタイミングです。術後は運動量が減少するため、同じ食事をしていると太りやすくなってしまいます。

今回紹介するグレインフリーキャットフードのほとんどが全年齢対応のキャットフードになりますが、猫ちゃんの年齢や運動量などを見極めて、適切なフードを与えましょう。

グレインフリーキャットフードおすすめランキング

ランキング1位2位3位4位5位
商品名カナガンキャットフード

カナガン チキン
モグニャンキャットフード

モグニャン
犬猫生活キャットフードパッケージ

犬猫生活
アカナキャットフードパッケージ
アカナ
ジャガーキャットフード

ジャガー
通常価格(税込み)4,708円4,356円初回のみ550円 
6,358円
3,998円4,708円
定期価格(税込み)4,237円3,920円4,928円4,237円
内容量1.5㎏1.5㎏750g×2袋1.8㎏1.5㎏
主原料チキン白身魚鶏肉(生肉)鶏肉、七面鳥骨抜きチキン生肉
カロリー/脂質405kcal/16.7%以上379kcal/11%以上373kcal/15%以上410kcal/20%以上383kcal/20%以上
グレインフリー / グルテンフリーグレインフリーグレインフリーグレインフリーグレインフリーグレインフリー
危険な添加物不使用不使用不使用不使用不使用
特徴主原料チキン60%
香料・着色料不使用
獣医師おすすめ
主原料白身魚65%国産
食材産地表示
新鮮な食材
高タンパク
動物性タンパク質80%以上
獣医師おすすめ
公式サイト公式サイト公式サイト公式サイト公式サイト公式サイト

1位カナガンキャットフード

カナガンキャットフードのパッケージ
価格(税込)定期価格】4,237円
【通常価格】4,708円
内容量1.5kg
対応年齢・猫種全年齢・猫種対応
原産国イギリス
主原料鶏肉
カロリー(100gあたり)405kcal
公式サイトhttps://starsea.jp/catfood-number-1/link-canagan

カナガンは英国王室のエリザベス女王に表彰された品質の高いキャットフードです。

主原料に鶏肉が60%以上も使われており、タンパク質が豊富に含まれています。

もちろんグレインフリー(穀物不使用)!穀物の代わりにサツマイモ、ジャガイモを使用しているため食物繊維もたっぷりです。

ペット先進国イギリスで作られたカナガンキャットフードは厳しい基準をクリアして出荷され、1つ1つ製造番号がつきます。さらに、何かしらのトラブルが起きた場合に追跡できるようになっているため安心できます。

原材料や品質にこだわっているカナガンは39カ国の愛猫家から愛されている歴史あるキャットフードなのです。グレインフリーキャットフードの中でも「食材、安全性、口コミ」など全体的な評価が高めなことから1位にしました。

定期コースで最大20%オフ!

2位モグニャンキャットフード

モグニャンキャットフードのパッケージ
価格(税込)定期価格】3,920円
【通常価格】4,356円
内容量1.5kg
対応年齢・猫種全年齢・猫種対応
原産国イギリス
主原料白身魚
カロリー(100gあたり)379kcal
公式サイトhttps://starsea.jp/catfood-number-1/link-mognyan

モグニャンは白身魚を65%以上も使用したイギリス産のキャットフードです。

白身魚を使うことで匂いや味わいを良くし、愛猫が食いついてくれるフードになっています。トウモロコシや小麦などの穀物は使用せずに、タピオカやサツマイモなどを代用したグレインフリーレシピになっていることもモグニャンの特徴です。

モグニャンの食材の1つであるサーモンオイルには、オメガ3、6脂肪酸が含まれており、猫ちゃんの関節や皮膚トラブルを予防してくれる効果があります。

また、食材だけでなく製造工程でも安全性が高く、欧州ペットフード工業会連合(FEDIAF) の厳しい基準のもと作られているのも安心できますね。

猫ちゃんの健康を第一に考え作られたモグニャン是非試してみてはいかがでしょうか。

今なら最大20%オフ!

3位犬猫生活キャットフード

犬猫キャットフードのパッケージ
価格(税込)初回定期お試し550円(220g)
定期価格】4,708円
通常価格】6,028円
内容量1.5kg
対応年齢・猫種全年齢・猫種対応
原産国日本
主原料鶏肉、牛肉
カロリー(100gあたり)373kcal
公式サイトhttps://starsea.jp/catfood-number-1/link-inuneko

犬猫生活キャットフードは主原料に国産の鶏肉を使用したタンパク質が豊富なキャットフードになります。

犬猫生活キャットフードの最大の魅力は安全性の高さです。1つ1つの食材の産地が公開されているキャットフードは珍しいです。

原材料はグレインフリーレシピですが良質なサツマイモやジャガイモ、豆類を使うことで栄養価が高いキャットフードになっています。

猫ちゃんはもともと肉食動物なのですが、そのことを考慮し犬猫生活キャットフードはお肉がふんだんに使われているレシピを作りました。

国産で安心できるのはもちろんのこと、製造工場は厳しい基準をクリアした日本工場です。安心して猫ちゃんに与えられる国産のグレインフリーキャットフードを探している方にはぴったりのフードでしょう。

初回限定お試し価格550円!

4位アカナキャットフード ワイルドプレイリー

アカナキャットフードのパッケージ
価格(税込)通常価格】4,100円
内容量1.8kg
対応年齢・猫種年齢・猫種対応
原産国カナダ
主原料鶏肉
カロリー(100gあたり)410kcal
公式サイトhttps://intl.acana.com/ja/our-foods/cat-foods/regionals-cats/wild-prairie/
アカナ ワイルドプレイリーキャット

アカナはドッグフードでも有名なカナダ産のキャットフードです。

アカナワイルドプレイリーは地元の農場から新鮮な鶏と七面鳥がふんだんに使われています。使用部位は肉、レバー、心臓、腎臓、軟骨と人間も大好きな部位をつかった贅沢なキャットフードです。

お肉だけではなくお魚も使われており、余分な添加物も一切使われていません。タンパク質が豊富なので、成長期の子猫にもおすすめです!

愛猫に安心して与えられる食いつきがいいと評判のキャットフードなので、好き嫌いが激しい猫ちゃんにもぴったりでしょう。

5位ジャガーキャットフード

ジャガーキャットフードのパッケージ
価格(税込)定期価格】4,237円
通常価格】4,708円
内容量1.5kg
対応年齢・猫種全年齢・猫種対応
原産国イギリス
主原料鶏肉、サーモン
カロリー(100g当たり)383kcal
公式サイトhttps://starsea.jp/catfood-number-1/link-jaguar

ジャガーは「生の鶏肉、鴨肉、生サーモン、生マス」をふんだんに使用したイギリス産のキャットフードです。

子猫は成長においてエネルギーを沢山必要としますが、ジャガーのタンパク質の成分値は40%以上!動物性タンパク質を原材料の80%以上使用してるからこその数値になります。

全年齢対応フードですが、栄養満点なので子猫にもおすすめのキャットフードです。また、子猫でも食べやすいように粒が小さめなので、ふやかす必要もありません。

ジャガーはグレインフリーなので小さい猫ちゃんの消化にも優しいフードになっています。グレインはアレルギーの原因にもなってしまうので、子猫のときからグレインフリーを選択しアレルギーケアをしていくことも大切でしょう。

グレインフリーキャットフードに迷ったときはコレ!

モグニャンキャットフードのパッケージ
モグニャンのメリット
  • 白身魚でヘルシーレシピ。
  • ヒューマングレードの食材を使用している。
  • 着色料、香料不使用!
  • グレインフリーで消化に良い。
  • 子猫からシニア猫まで食べることができる。
  • 安全性が高く安心して与えることができる。
  • 食いつきが良い。

グレインフリーでどのようなキャットフードを選択すればいいのか迷っている方にはモグニャンをおすすめします!

モグニャンは猫ちゃんが大好きなお魚を65%以上配合しているため、他のキャットフードに比べて食いつきも良く、小粒設計なので子猫やシニア猫でも食べやすい工夫がされています。

また米やトウモロコシなどの穀物を使用しないグレインフリーレシピでなので、猫ちゃんの消化に負担をかけません!

モグニャンはイギリス産ですが、日本よりもペット推進国なので安全性もかなり高いです。原材料から商品になるまで徹底的な品質管理もされています。

市販のキャットフードに比べると割高ですが、グレインフリーやヒューマングレードの食材を使用しているので納得のいくお値段だと感じました。

愛猫のキャットフードに悩んでいる方は是非試してみてください。

今なら最大20%オフ!

グレインフリーのデメリットとは?

グレインフリーのデメリットは2つあります。1つ目は市販で販売されているキャットフードよりもお値段が高いことです。

グレインフリーにするということは価格が安い穀物を使わないということです。したがってお肉やお魚などを主原料とすることで価格がどうしても高くなってしまうのです。しかし、愛猫のため出費が多少増えてしまうのは仕方がないことだと思っています。

デメリットの2つ目は、キャットフードに含まれるタンパク質が多くなってしまうことです。穀物の代わりにお肉やお魚の量が増えてしまうため、タンパク質が多くなってしまいます。成長期の子猫は多くのタンパク質を必要としますが、老猫(シニア)には内蔵の負担になることもあるので注意が必要でしょう。

また腎臓病がある猫にも、タンパク質が多くなってしまうグレインフリーキャットフードはおすすめしません。

愛猫の年齢によってはグレインフリーがデメリットとなってしまうこともあるため、注意が必要でしょう。

子猫におすすめのグレインフリーキャットフードはどれ?

 子猫

子猫専用のグレインフリーキャットフードを探してみましたが、どれも穀物が使用されているため多くはご紹介できません。有名なロイヤルカナンの子猫用でさえお米やトウモロコシ粉といった穀物が使用されています。

なので今回は、子猫専用と子猫でも食べることのできる全年齢対応のおすすめグレインフリーキャットフードをそれぞれご紹介していきます。

子猫用ハッピーキャット(グレインフリージュニア)キャットフード

ハッピーキャットフードのパッケージ

ハッピーキャットは用途、目的に合った様々なキャットフードを展開するドイツ産のキャットフードです。

ここで紹介するハッピーキャットの「グレインフリージュニア」は4ヶ月~12ヶ月の年齢対象になります。

ハッピーキャット(グレインフリージュニア)はチキンと鴨肉を合わせた高たんぱくのフードです。グレインフリーなのはもちろんのこと、消化しやすい原材料を厳選し、お腹の弱い子猫やデリケートな子でも安心して与えることができます。

また、成長期の子猫の発育を支える必須アミノ酸タウリンを1000mg/kg配合していることも魅力的です。

子猫用のグレインフリーフードを探している方は、ハッピーキャット(グレインフリージュニア)を試してみてはいかがでしょうか。

シニアにおすすめのグレインフリーキャットフード

モグニャンキャットフードのパッケージ

グレインフリーキャットフードでおすすめしたモグニャンはシニア猫にもおすすめです!

超高齢になってくると高タンパクすぎると内蔵に負担をかけてしまう可能性があります。

モグニャンはタンパク質が27%以上と高すぎでも低すぎでもなくちょういいバランスです。そのため、シニア猫の内臓にも負担をかけないフードとなっています。

また主原料に白身魚を使用しているので、脂質も控えめ!運動量が少なくなったシニア猫にもモグニャンはぴったりでしょう!

ただし、内蔵に異常がある場合は獣医師の判断にしたがってキャットフードを選び与えてください。

今なら最大20%オフ!

グレインフリーキャットフードのQ&A

グレインフリーキャットフードのQ&A
Q.サツマイモやジャガイモは穀物ではないの?

サツマイモやジャガイモは食品としては穀類には含まれず、芋類として分類されます。

穀物として挙げられているのは「お米、小麦、トウモロコシ」などです。

猫に穀物は必要ではないの?

穀物は立派なエネルギー源にもなりますが、肉食動物の猫にとっては消化しにくい食べ物なのです。

キャットフードに穀物を入れる理由として、適量の炭水化物を入れるためと考えられています。炭水化物であれば栄養価の高いサツマイモやジャガイモで代用しているフードの方がおすすめです。

グレインフリーがアレルギーケアになるって本当?

穀物は猫ちゃんのアレルゲンになりやすいと言われています。

穀物が含まれているキャットフードを食べたあとに痒みや下痢嘔吐などの症状が出た場合は、食物アレルギーを発症していることが多いです。

アレルゲンとなる食べ物は穀物以外にもありますので、特定したい方は病院でアレルギー検査をしてみましょう。

まとめ

グレインフリーキャットフードの選び方まとめ
  • 穀物が入っていないお肉やお魚がメインのフードを選ぶ。
  • 年齢に合わせて選ぶ。
  • 人工添加物が入っていないフードを選ぶ。

おすすめするグレインフリーキャットフードをランキング形式でご紹介しました。気に入ったキャットフードは見つかったでしょうか?

グレインフリーのキャットフードは猫ちゃんの消化を助けるだけではなく、アレルギーケアとしても選ばれることが多いです。

病院へ行っても原因不明な下痢や嘔吐に悩まされている猫ちゃんは、今食べているキャットフードが身体に合っていないのかもしれません。毎日与える食事だからこそ慎重に選んであげましょう。

おすすめのキャットフードはこれ!ランキング10選!動物取扱責任者が厳選比較!【2022年最新版】
おすすめのキャットフードはこれ!ランキング10選!動物取扱責任者が厳選比較!【2022年最新版】
「愛猫に合ったキャットフードがわからない」「ネットにある口コミやキャットフードランキングはいまいち信用できない」「コスパのいいキャットフードを探したい」 キャッ.....

参考文献・参考サイト

環境省_ペットフード安全法基準規格等 [動物の愛護と適切な管理]

ペットフードで健康になる(著者:坂本徹也)

AAFCO(全米飼料検査官協会)

消費者庁 公正競争規約

厚生労働省 HACCP

FEDIAF(欧州ペットフード工業会連合)

安全・安心なペットフードをお届けするために(一般社団法人ペットフード協会)

独立行政法人 農林水産消費安全技術センター(FAMIC)




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

ABOUT US

山本 星海
この記事を書いた人(旧姓:渡邊) 保有資格:小動物看護士/ペット販売士/トリマーB級/ハンドラーC級/訓練士補/二級愛玩動物飼育管理士/第一種動物取扱業登録/動物取扱責任者(※資格名を押すと証明書) JKC公認トリマー養成機関で2年犬や猫に関する様々な知識や技術を学び、多数の資格をとる。トリミングサロンStar seaを経営。 詳しいライター情報はこちら