マイクロチップの義務化!つけてないとどうなる?疑問やポイントまとめました

2022年6月1日よりマイクロチップの義務化が始まります。
なんとなく名前を聞いたことはあるかもしれませんが実物を見たことがある方は少ないですよね。

マイクロチップの義務化の背景には迷子や飼育放棄によって保健所に連れていかれてしまう動物が多いことがあげられます。
マイクロチップを挿入することで無責任な飼育放棄が減り、迷子になってしまった動物たちが飼い主さんの元へ帰れるようになることが最大の目的です。

とはいえ既にワンちゃんを飼っていてマイクロチップを入れていない方もいらっしゃいますよね。今から入れるとしても持病がある、痛みに弱い、シニアで心配、など様々なご不安があるかと思います。

そこで今回はマイクロチップ挿入に伴う痛みや必要な手続きについてまとめてみました。

マイクロチップ義務化の概要

2022年6月1日より犬や猫を販売するペットショップやブリーダーにはマイクロチップの装着が義務化されます。
そしてそのペット達を購入する飼い主さんにも既に挿入されているマイクロチップの中に自身の情報を登録することが義務として課せられるようになります。

既にワンちゃんを飼われている方はできるだけマイクロチップをいれましょう、といった努力義務の扱いになりますのでご安心ください。

これまでに日本獣医師会によって運営されてきたマイクロチップの情報登録制度(AIPO)とは異なり、新たに環境省が実施する登録制度が始まることとなります。

既にマイクロチップを挿入しAIPOに登録がある方は環境省のホームページから移行登録サイトにアクセスできますので移行登録を行いましょう。

マイクロチップとは?

マイクロチップとはとても小さい電子チップのことです。
直径は2mm、長さは10mmほどで、その中には15桁の電子識別番号が入っています。

この番号と飼い主さんの情報が紐付けられることで体の中に絶対に無くさない迷子札が入ったことになります。

使用するときは専用のマイクロチップ読み込みリーダーをペットの体にかざすことで識別番号を表示させることができ、更にその番号をインターネットや獣医師会に照会することで、登録されている飼い主さんの情報も確認することができるという仕組みです。

読み込み機は動物病院や保健所、保護センターなどに設置されていて迷子が来た時はまずマイクロチップの有無が確認されるようになっています。

どのような時に役に立つ?

挿入する最大のメリットは飼い主さんと離ればなれになってしまっても、飼い主さんの元に戻ってこられる可能性がグンと上がる所にあります。

実際に動物病院での勤務中、保護したとお連れ頂いた迷子の動物達の中でマイクロチップが挿入されていた子たちは全て飼い主さんに連絡をつけることができました。

まさかうちの子は大丈夫、と思われるかもしれませんが手元から離れてしまう瞬間は迷子だけではありません。

一番危険が高いのは災害時、です。

事実東日本大震災時には多くのペット達が災害に巻き込まれ飼い主さんと離ればなれになってしまいました。避難時に一緒に連れていくことができず、泣く泣く置いて行かなければならない方もいらっしゃったようです。

首輪や迷子札でももちろんいいのですが災害時は何があるかわかりません、外れてしまう可能性も考えておくべきです。

その点マイクロチップは体内に挿入されていますのでどのような場面でも紛失することはなく、安心な点がメリットとしてもあげられるでしょう。

装着方法と痛みの度合い

マイクロチップはインジェクターという注射器で体内に挿入します。
場所は首後ろ辺りで挿入にかかる時間は数秒です。

通常の注射より針が太いので一見痛そうに見えるのですが皮下に打つという事もあり、痛みはワクチンなどと変わらないと言われており、出血することもありません。

もし避妊去勢前であれば麻酔がかかっている手術の時に一緒に挿入してもらう事もできますので獣医師に相談してみてくださいね。

基本的に動物病院でいつでも挿入することができますが在庫をあまり持っていない病院さんもありますので事前に一度問い合わせておくとスムーズです。

挿入時の食事や運動に制限はなく普段通りの生活をして問題ありません。
挿入の処置に立ち会う機会も多いのですがワンちゃんが緊張している間に一瞬で終わってしまうという印象です。

装着後の手続きが重要

マイクロチップは挿入して終わりではありません。
むしろ肝心になるのはその後の手続き。

まず動物病院で挿入した段階では、まだマイクロチップの中には何も情報は入っていません。
挿入後に規定の登録用紙、またはインターネットにて飼い主さんの情報登録手続きを行うことでマイクロチップの中にある識別番号と飼い主さんの情報が紐づけされその機能を果たせるようになるのです。

動物病院で行うことができるのはあくまでマイクロチップの挿入処置までです。
その後の登録手続きは飼い主さん自身で行いましょう。

もちろんわからないことがあれば動物病院のスタッフに確認なさってくださいね。

料金はいくらかかるの?

マイクロチップにかかる費用は二つあります。

一つ目は挿入時に動物病院へ支払う代金。
そして二つ目は情報登録に際、マイクロチップ運営団体に支払う登録費用です。

マイクロチップの挿入費用は動物病院によって差がありますが3000円~5000円程度が一般的です。
登録料は公益社団法人日本獣医師会が支払先になり、用紙での登録には1000円、インターネットでの登録であれば300円の登録料が発生します。

マイクロチップのデメリットは?

メリットの多いマイクロチップですが少なからずデメリットもあげられます。

一つは挿入時に多少の痛みを感じることがあるという点。
痛みにデリケートなワンちゃんには少し我慢してもらわないといけないかもしれませんね。

またもう一つはマイクロチップを挿入している状態でMRIを撮影すると画像がゆがむ可能性がある、という点です。

ただしMRI撮影に関しては大きな病気や手術をする時にしか撮影しません。撮影時麻酔をかける必要がある大きな処置ですので生涯に置いて一度も撮影する機会がないというワンちゃんの方が多いかと思います。
また撮影自体ができないわけではありませんのでご安心くださいね。

住所変更後は手続きを忘れずに

お引越しや御結婚などで住所やお名前、電話番号が変わった際は必ず変更の手続きを行いましょう。

万が一保護された場合はまずマイクロチップ内にある電話番号にご連絡がいくかと思います。
連絡先も一つではなく複数登録しておくと安心です。

正確な連絡先を登録しておくことで保護後の引き渡しもスムーズに進みます。

まとめ

いかがでしたか?

近年ではマイクロチップを挿入しているワンちゃんの方が多くなってきたようにも思います。
災害に備え防災バックを用意している方もいらっしゃるかと思いますがワンちゃんの防災対策の一つとしてマイクロチップも検討してみてくださいね。

もし不安な事やわからに事があった時はお気軽に動物病院スタッフに問い合わせてみましょう!

ABOUT US
山本 星海hoshimi0505
この記事を書いた人(旧姓:渡邊) 保有資格:小動物看護士/ペット販売士/トリマーB級/ハンドラーC級/訓練士補/二級愛玩動物飼育管理士/動物取扱責任者/犬の管理栄養士(※資格名を押すと証明書が見れます。) 第一種動物取扱業:第225818003号 保管 動物取扱責任者:山本星海 JKC公認トリマー養成機関で2年犬に関する様々な知識や技術を学び、多数の資格をとる。トリミングサロンStar seaを経営しながらドッグフードベストわんっ!を運営。 詳しいライター情報はこちら
100種類以上を調査・比較!
おすすめのドッグフード20選!
100種類以上を調査・比較!
おすすめのドッグフード20選!